時間を無駄にして後悔する事が多い人の改善策を深掘りして考えてみた。【考察】

よかったら記事のいいね!やシェアをお願いします(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4
ALOHA〜♪
「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。
 
今回は「後悔しないために時間の無駄遣いを改善すること」についてちょっと考えてみました。
 
きっとあなたも一度は考えたことがあるはず。
(もちろん俺だってそうです。)
ということで、その事について深掘りしてみました。
 
「いつも時間が足らない」「無駄な時間を過ごして後悔することが多い」という人は、一読していただけると嬉しいです。
 

感覚的に思う「無駄」

本当によく思うんですよね。
「あーなんか今日も時間を無駄に過ごしたなぁ。何もできなかったなぁ。」
と。
 
本当に今まで生きてきて、何回この言葉を口にして後悔したかわからんくらいです。
 
そしてその後に続く言葉は
「よし、明日から切り替えてやっていくか!」
とか、
「明日は今日の分までやるぞ!」
みたいな言葉であることがほとんど。
 
・・・けど、この言葉って、まぁ嘘なんですよね。
 
嘘というと語弊があるのかもしれないけど、要するに「口だけ」なんですよ。
その理由はちゃんとあって、「無駄になった時間」はあくまで「感覚的に思う無駄」であるだけで、実際の数字ではわかってないからなんです。
 
感覚的に思うってのは、「無駄な時間になった『気がする』」ってニュアンスかな。
 
『気がする』んだけれど、それが具体的にどのくらい無駄だったのかちゃんと理解していない。
 
だからまた次も同じ事をやってしまって、「あーなんか今日も時間を無駄に過ごしたなぁ。」と冒頭と同じセリフをつぶやいて後悔して、その後また「明日は今日の分までやるぞ!」という同じような言葉が続く・・・というわけです。
 
これではいつまで経っても堂々巡りで何も変わりません。
 
ここまで読んで「ドキッ」としたあなた、俺と同じように「口だけ」になっていることに気がつきましたか???
 
時間 無駄 後悔 どのくらい

どのくらいの時間が無駄になったか解ってなかった!


 

解決方法は具体的に数字に表すこと

これの解決方法の1つは簡単なことで、具体的に数字に表すことです。
 
例えば上記の「一日が無駄になった」というやつなら、実際は一日の何時間くらいが無駄になったのかを数字にして書き出します。
 
睡眠時間や食事、風呂、トイレなどは必ずあります。
それを除いた他の時間がまずはどのくらいあるのかを把握します。
それに最初から何らかの予定が入っていることも多いでしょう。
 
そうしたら元々「今日はやる」と決めていた一日のうち、「やる」時間を何時間くらい取れているのかというのかわかりますよね。
最初から使える時間が少なかったら、それはもうどうしようもないはずですし。
(例えば家の用事などが長引いてしまってどうしようもない場合もあるはず。)
 
それらを全部計算してみると、
「本当はこのくらいの時間が使えるはず。」
という具体的な数字がわかりますよね。
 
また、この計算は1日だけ計測してもバラツキがあるでしょうから、せめて1週間〜2週間くらいは書き出す必要があると思います。
 
これであなたが1日に使える大体の時間がわかりました。
ここまでやってから初めて、「どのくらい無駄な時間を過ごしたか」がはっきりわかるということです。
 

無駄な時間の代表格は何?

ではあなたの中での無駄な時間の代表格は一体何なのでしょうか?
 
ここでの「無駄」の定義は、「過ごした時間の分、楽しんだり回復したり気分良くなれたり収入アップにつながるかどうか」という部分で計りたいと思います。
 
一言で言うと「時間のコスパが良いか」って感じでしょうかね。
 
この「時間のコスパ」が良ければ、それが他人から見て意味のない行動であったとしても自分は満足していると言うことになりますね。
 
無駄な時間を過ごしたという話になるとよく聞くのが、TwitterやFacebookなどのSNSを利用している時間についてです。
友人が今何をしているのかを知ったりすることや、また各種ページからの面白画像や動画などに1日のうちのかなり多くの時間を費やしている人も見受けられます。
 
というか、俺がそうです。
 
一つ一つの内容を見るのは数秒〜数分程度のはずなのですが、それにいちいち「いいね!」したり、なんらかのコメントを付けていると、あっという間に時間が流れていくのが不思議ですよね。
これらの時間こそ、俺やあなたが1日のうちに何時間費やしているのかをはっきり計測すべき行動の一つなんです。
 
一昔前では「ネットサーフィン」なんて言葉もありました。(今もありますが)
ネットサーフィンも時間を浪費する行動として有名ですが、現代ではSNSの利用こそがネットサーフィンと言えます。
 
それともう一つがスマホのゲーム
これも中毒性があり、中には課金してお金を払ったりするものが多いですね。
 
人間ですから、「やるからには勝ちたい・いい成績を残したい」という意識が働く以上、ゲームをしているとどんどん時間が経ってしまいます。
 
断言します。
SNSを使えば使うほど、そしてスマホでゲームをすればするほど、俺やあなたの時間はどんどん無くなります!
SNSとスマホのゲームこそが無駄な時間の代表格と言えるでしょう。
 
この時間を減らして他のことに利用すれば、かなり使える時間が多くなり、1日を有意義に過ごすことができるようになります。
 
時間 無駄 後悔 スマホ

ずっとスマホを触っている人も多いですね。


 

SNSが必要な人もいる

ただし、中にはSNSが必要な人だっていますよね。
 
例えばSNSをビジネスのツールとして利用している人の場合。
これはその人が何らかの情報を発信することによって、その人の収入が増えることに繋がることになりますね。
 
こういう人の場合は単純に「SNSを使わないほうがいい」なんてことは言えませんよね。
 
ですから最初に言った通り、「コスパの良さ」が大切なんですよ。
 
ただの「趣味」でSNSを利用している人にとって、SNSでのネットサーフィンはコスパが悪いと言えるでしょう。
しかし、仕事の一環としての利用であれば、場合によっては「高コスパ」にも成り得ます。
 
もちろんスマホのゲームであっても、そのレビューを書いたりデバッグをするような仕事をしている人にとっては、ゲームも「高コスパ」なものになりますね。
 
人それぞれの事情に合ったコスパの良さで、「その行動」が無駄か有意義かを判断すれば良いと思います。
 

コスパの良し悪しが分かれるもの

ここで俺が考えるコスパの良し悪しが分かれそうな行動としては、「ぼーっとする」という行動が挙げられます。
 
俺の中ではこの「ぼーっとする」という行為は「ほぼ、無駄」な行動なんですよ。
だってそうしてる間は何も生み出さないので。
 
しかし「ぼーっとすることが趣味」という人もいるでしょうし、「ぼーっとすることで集中力を高められる」という人だっているはずです。
もちろん俺自身もぼーっとすることはありますし、そういう時は大抵体や脳が疲れている時ですから、これもまた時と場合によるということなんですよね。
 
やはり人それぞれの考え方や、同じ行動でもタイミングによって違ってきます。
ぼーっとすることが大事なことかどうかを自分でちゃんと判断すると良いですね。
 

無駄な行動かどうかを判断できない場合

それでも行動の種類によってはそれが無駄かどうかを判断できないものもあるでしょう。
 
そういう時はこの話の基本に立ち返って、「過ごした時間の分、楽しんだり回復したり気分良くなれたり収入アップにつながったかどうか」を無駄な時間の基準にするか、
もしくは「それよりももっと無駄なことをしていないかどうか」を考えればいいと思います。
 
もっと無駄なこととは何かというと、例えばさっきのSNSとゲームの話。
 
SNSを何となく使っているのは確かに無駄な行動かもしれませんが、例えばSNS以外の時間をスマホのゲームに費やしていた場合。
もちろん人によりますが、おそらくスマホのゲームに費やした時間の方が無駄になるケースが多いんじゃないでしょうか。
 
ゲーム<SNS
 
となり「SNSよりもっと無駄」なものが見えましたよね。
 
この場合はSNSの利用時間を減らすよりも、スマホゲームの時間を減らす方が1日の時間の使い方としては有意義になると思われます。
優先的に減らす行動は何かを確認してその通りにできれば、1日の中で無駄な時間を減らすことができ、より生産的な1日を過ごすことができるようになりますね。
 

ある日の自分の時間の使い方

ここでとある1日の自分の時間の使い方を書き出してみました。
 
07:00 起床 SNSチェック ゲーム
08:00 ゲーム
09:00 ゲーム
10:00 朝食など SNSチェック
11:00 SNSチェック ブログ少々
12:00 昼食など ゲーム
13:00 SNSチェック ゲーム
14:00 昼寝
15:00 バイトの準備
16:00 バイト中
17:00 バイト中
18:00 バイト中
19:00 バイト中
20:00 バイト中
21:00 バイト中
22:00 バイト終了 夕食など
23:00 SNSチェック ゲーム
24:00 ゲーム
01:00 ゲーム 読書少々
02:00 就寝中
03:00 就寝中
04:00 就寝中
05:00 就寝中
06:00 就寝中
 
はい。
SNSチェックゲームばっかですねw
 
SNSチェックが24時間中に5時間
ゲームが24時間中に8時間という無駄っぷり。
 
資産を生み出す可能性のある「ブログ」についてはたったの1時間。(しかも「少々」)
 
これでは成功するはずもないですw
 
もちろんこんな日が毎日というわけではなく、たまたまこんな極端な日を例にしてみたのですが、だとしてもそういう日があってはいけないでしょうねw
 
これをもう少し細かく見ていくと、バイトとその準備に使うのが7時間、食事などに使うのが3時間、睡眠時間が6時間です。
まるまる1時間単位で行動しているわけではないものの、ざっと計算すれば残り8時間。
 
上記にある通り「ゲーム8時間」でぴったり24時間使ったことになりますねw
 
俺の場合はブログの告知をしたり有名アフィリエイターさんのツイートを読んで勉強したりするので、SNSが全くの無駄だというわけではないんです。
しかしそれを除いたとしても、やはりゲームというのがいちばんのネックになっているようです。
 
もちろんSNSだって開いている間中ずっと情報収集しているわけではないのでここも要改善ですけどね。
 
ただしゲームすること自体のコスパはともかく、息抜きには欲しいところです。
なのでこの質を上げていくべく、プレイ時間を減らすようにしていこうと思います。
 
いや、「思います」じゃなくて、「減らします」ですね、はいスミマセン。
 
同じくSNSについても。
これについて最近考えているのが「1日3回チェックするルール」にしようかなーと。
このチェックのタイミング的には朝昼夜がよさそうなので、その時以外は基本的に見ないようにしようと考え中です。
 

 
とはいっても、それを実行に移せるのかは自分の意志の力次第ですので、どのくらい履行できるかは不明ですがw
 
何か強制的にSNSへのアクセスを制限できる方法があれば知りたいです。
SNSではなくて、スマホを触らせないようにするForestなどのアプリなら知っているんですが、これだとPCでは触れますしねぇ。
 
やはり完璧に実行しようと思うとアプリやブックマークごと消去するしかないのかなぁ。
そうなると「1日3回」すら不可能になるけどw
 
この辺はまだ少し悩んでみて、答えが出たら追記しようと思います。
 
時間 無駄 後悔 SNS

SNSは中毒性もありますからね。


 

まとめ

いかがでしたか?
 
今回は「後悔しないために時間の無駄遣いを改善すること」について考えてみました。
 
時間を無駄にしたなぁって後悔したことは、きっとあなたにもあるはず。
しかし、それが具体的にどう「無駄」だったのか、そこまで把握している人は少ないもの。
 
感覚的な「無駄」ではなくて、具体的な内容を理解した「無駄」なら、それを改善して有意義な時間に変えられるはずです。
 
いつも自分が時間を浪費している気がして、その度に自分にがっかりしているなら、一度その内容を分析して、具体的な数字にしてみることをおススメします。
上記では1週間〜2週間という例を出しましたが、面倒なら1日だけでもいいんです。
 
自分の行動内容を自己確認してみて、その上で「何がどう無駄なのか」を目で見てわかるようにすると、その後の人生において時間の使い方も変わってくるでしょう!
 
実践してすぐ全部変えることは難しいので、少しずつでも手をつけて、自分の中に落とし込んでいくことが大切だと思います。
善は急げということで、このブログを読んで少しでも共感してくださったら、その日のうちからスタートしてみてください。
 
そうすることで、上記の俺のように「SNS5時間、ゲーム8時間」なんていうバカな時間の使い方をしていた自分に気がつくかも・・・です。
  
 
それではっ!MAHALO〜♪
 
スポンサーリンク




よかったら記事のいいね!やシェアをお願いします(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログのフォローはこちらから!

スポンサーリンク