人生

「ブログに単なる日記を書いてはいけない」という思い込みをやめて、今後は好きなように書きます。【決意】

ALOHA〜♪
「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。
 
今回は「自分のブログに日記を書いてはいけないのか?」ということについて思ったことを書きます。
 
このことについて、僕はとんだ思い違いをしていました。
 
ここ数日、考えていたことを吐露してみます。
 

なぜ日記を書いてはいけないと思ったのか?

まずはなぜ、自分のブログなのに「単なる自分の日記」を書いてはいけないと思ったのか。
 
これについての理由を書いていきます。
 
僕はもともとこの「はんらいふ」を始める前は、ブログというと「アメブロ」をイメージしてました。
 
誰かのアメブロを覗いたことのある方は多いと思いますが、僕の中では「有名人(芸能人など)が書いているブログ」というのがアメブロの位置付けです。
 
で、その内容ですが、
「〇〇ちゃんと一緒に撮影だったよ〜。超楽しかった!(自撮り写真付き)」
とか、
「今日は我が家の家族である△△(ペットの犬など)のお散歩して気持ちよかった〜〜♪(自撮り写真付き)」
とか、
「昨日食べたディナー。(料理画像1枚付き)」
とか、そんなものばかり。
 
正直言って「しょーもない」んですよね。
(中には面白い記事もあると思います)
 
文字数もせいぜい100文字くらい。
 
その有名人のファンの人ならそれだけで楽しめるのかもしれませんが、ま〜はっきり言ってしょーもないんですわ!
僕はその人たちに興味がないので!(すみません)
 
その一方で、ブログで何らかの収入を得ている人(ブロガー)の諸先輩方が仰るには、
「人の役に立つ記事を書くことで、検索から人が流入し、そこから広告などへ進んでくれることで自己の収入になる」
という情報。
 
これは確かにその通りで、誰も検索されないようなブログをいくら書いても誰も読者にならず、その結果1円の収入にもならないというのは明白です。
 
当「はんらいふ」にも僅かながら検索で読んでくださっている方がいるのですが、
もし公開されれている記事が全部「タイトル:〇〇年●月×日食べた晩御飯。(写真画像1枚付き)」で文字数10文字の記事が100記事あったとしても、
それは誰からも求められない記事になるでしょう。
 
というかググってもヒットしないと思います。
 
特に30代半ばの男が運営しているブログですしね〜。
 
これがめっちゃ可愛い女子が運営しているブログなら、自分の顔出しで運営することで、
もしかしたら「〇〇ちゃんの昨日のディナーブログ」的なコンセプトとしてヒットする可能性はありますが・・・
 
まーわかりませんけどw
 
とにかく、誰からも読まれない、言うなれば「読む価値のない」ブログをいくら書いたところで、広告収入には繋がらないってことです。
 

書けない苦しみを自分で作っている

そうやって考えたとき、「果たしてこの記事は誰かから読まれる価値がある記事なのかな?」と自問自答してしまいます。
 
今まで書いてきた記事の全てがそうではないんですが、検索キーワードに少しでも引っかかるようにタイトルをつけたり、
文中の言葉遣いや情報にも(少しは)気を使ってきたものがほとんどです。
(あまり効果がないようなので、全てを見直さないといけないと思うんですけどw)
 
「趣味=ブログ」にしたかったのに、いつのまにかその趣味にも気を使っている自分に最近気がつきました。
 
てゆーか、何にでも気を使いすぎやろ自分!!と。
 
 
 
2017年1月中に100記事に到達するまでは、ほぼ毎日更新するようにしてきました。
 
その後、他にも時間を割くべきことができてきたので更新ペースを落とすことになったのは仕方ないんですけど、
そうなると「せっかくの更新なんだから、何か気の利いたことを書かねば・・・」と構えてしまい、なかなか筆が進まない。
 
下書きページに書きかけで止まっている記事が結構あって、そのどれもが書いている途中に「なんか違うなー・・・」と思ってしまって止めたものばかりです。
 
たいした実力も無いのに、そんな風に構えてしまって書けない日々が続いていて、「ブログ、これ以上続けられるんかなぁ。」と思ってました。
 
日記 ブログ 悩む悩みだしたら止まらないのです。

書きたい欲求が高まる

けどそんなある日、何がきっかけというわけではないんですけど、
突然「自分でなけなしのお金払ってドメインとサーバー借りて書いてる自分のブログやし、別に人の意見なんてどうでもええか。」と、
天啓のようなものが自分の中に湧いてきました。
 
自分の中で、書きたい欲求の方が書けない悩みを上回ったんでしょうねw
 
もちろん諸先輩方の言う通り、検索されて人の役に立つような記事を量産する方が、広告等の収入には繋がるんでしょう。
 
しかし現状そこまでのものを期待していない上に、経験もスキルも特にない今の自分がどれだけ足掻いても、
その結果は特に変わらんだろうなというのもまた事実。
 
じゃあスキルが無いから何もしないというわけではなく、少しずつマイナーチェンジを繰り返してブログを続けていれば、
いつかそのレベルに達するかもしれないと!
 
それまではいわゆる「単なる日記」のようなものになろうと、何かしら書いて発信する方を重視しようと思いました。
 
そんなことを考えていつつも、別件でなかなかそのこと(今書いているこの記事です)について書けない日を過ごしていたのですが、
 
つい先日、愛読させていただいているブログの管理人である「ポジ熊さん」という方が同様のことについての記事を書かれているのを拝読しました。
 
ポジ熊さんは「はてなブログ」で「ポジ熊の人生記」というブログを書いている方で、特定のテーマを持たない雑記の形式で有益な情報や自身の想いを発信されている方です。
 
その方が、こういった記事を書かれていました。
 

http://www.pojihiguma.com/entry/nikki-blog-imiaruyo

 
この記事はまさに僕が思っていたことそのままの記事です。
 
この記事の文中にポジ熊さんが書いた「単なる日記」の一文が載っているんですが、
僕にはこの方ほどの文才や語彙力はないにしても、「単なる日記」を書くことの意味やそれで得られるものについてのご意見を書かれています。
 
何よりもご本人もおっしゃっている通り、「書いてスッキリする」と言う部分が大きいんじゃないかなと。
 
 
 
僕はあまり不満などを表に発散するタイプではなく、溜め込むタイプなんですね。
 
だから躁うつ病のような精神系の疾患になるんでしょうけど・・・。
 
外に出さずに溜め込む理由を考えたことはありませんでしたが、あえて言葉にすると、
「人の不満を聴いても面白くないだろうな」という部分と「吐き出す場所があんまり無い」と言う部分があるように思います。
 
じゃあ『それ』をブログに書いて、少なからず公共の場所にオープンにしても良いのか?と言われると答えに詰まりますが、
最低限のマナーさえ守って書くぶんには特に問題ないのかなと。
 
またこれはあくまで「不満を溜め込んでそれを書く場合」の話であって、そういった負の感情ではなくても、
「誰かに話したい今日のちょっとした出来事」を書くだけでも何かの反応があれば嬉しいし、やる気になるし、スッキリするなって思いました。
 
スッキリすれば他の部分で溜まっているものだって出ていきますよね。(全部ではないにしろ)
 
もしかしたら、中には誰かが興味を持っツッコんでくれるネタだってあるかもしれませんし。
 
基本的に僕は他人の誹謗中傷をすることはないので、
「今日飲んだビール」とか、「散歩中に見かけたもの」とか「バイト中にあった出来事」とか、
そういった日常の気づきをネタにして書く記事を増やしていこうかなと思います。
 

しかし検索されると嬉しい

そうは言いつつも、検索で読みに来てくれれば書いている側としてこれほど嬉しいことはないんですよ。
 
 
頑張って運営している自分のお店に興味を持って入店してくれたお客さんのようなものですから。
(金づるという意味ではないですよ!念のため) 
 
今のところいくつかの記事で検索から少し読まれているものがあるんですが、これは本当に嬉しいことなんです。
それから、時折いただけるコメントや直接のお問い合わせメール。
本当に励みになります!
感謝感謝です。
 
ですから日記のように好きなことを書きつつも、合間合間に検索してくれるかもしれない記事は挟んでいきたいと思ってます。
 
もちろん検索されるかどうかは、書いてみないとわからないのですがw
 

日記は「書く練習」になる!

先のポジ熊さんの記事にも書かれていましたが、「日記は文章を書くことに慣れる」という重要な意味を持っていると思います。
 
学校の授業で作文を書いたことがあると思いますけど、あれも最初は書けなくても、
書きまくっていたらいつの間にか筆が進むようになってきますよね。
 
ものを書くという行為は生きている限り付いて回ることなのかなと思ってます。
 
もちろん長文を書くことになる人は一握りの人だけかもしれませんが、
メールやLINEでの文章のやり取りは日常的に行いますよね。
 
それに文章を書くことで語彙力や文の構成を自然と覚え、話し言葉のレベルアップにもなりますし、これは生活する上で必須の能力かと思います。
 
ボケ防止にもなるしw
 
紙とペンを用意して書き始めるのは大変かもしれませんが、PCやスマホの画面上で書くのはそんなに手間はいりません。
 
他にしないといけないことを放置してまで書き続けることはできませんけど、
手間いらずの「ブログ」という、良い面のいっぱいあるこの媒体を、もっと積極的に活かしたいと思います。
 
ブログ 日記 成長 活かすブログは成長できる可能性を持っていると思います。

まとめ

今回は自分のブログに単なる日記を書いてはいけないのか?という部分について、考えたことを吐き出しました。
 
「プロブロガー」と呼ばれる人の意見は至極まともで、「人の役に立つ記事を書きなさい」と仰る意味もよく分かります。
 
また、自分としても自分のブログを使って収入を得ることができればより嬉しいなというのは自覚しています。
 
最終的にはそれくらいのレベルになりたい。
 
ですが、そのためにブログそのものを続けるモチベーションが下がっていては本末転倒。
 
「たった10文字の日記」を書いて公開するつもりはありませんが、今までよりもっと気楽な記事をどんどん公開していきたいなと思います。
 
それからもう一つ。
今までは公開する時間とか曜日とかも、「予約投稿して朝イチで」とか決めていました。
が、今後はとりあえず気にしないようにします。
 
 
 
さしあたって、次はビール飲んだ記事でも書くかなーーーー!!w
 
 
ちなみにこの記事は約4000文字あります。
だらだらと想いを吐き出していたらこの文字数。
 
最後まで目を通してくださって本当に感謝です。
 
それではっ!MAHALO〜♪
 
※自分のブログに好きなことを熱意をもって書いていたら、なんと書いた対象であるご本人に拡散していただけました!
その時に考えた内容を記事にしています。
よかったら読んでみてくださいね。
 
あわせて読みたい
メディア ポジティブ 情報 ブログ
ブログというメディアに人が嫌がるネガティブな事は書かない。旅作家山下マヌーさんのおかげで気づいた大切な事。ALOHA〜♪ 「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。   突然ですが、なんと、僕の敬愛する旅作家「山下マヌーさん」に、マヌーさ...
 
☆こちらも読まれています☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA