ビール以外のお酒について

ワインや焼酎よりやっぱりビールでしょ!あなたがビールを飲むべき5つの理由

ワイン女子
ワイン女子
ワインとか焼酎とか、他のお酒よりビールがいい理由は何なの?さっさと教えなさいよ。(¬_¬)

こう言われると、ワインや焼酎などと比べてビールの何が良いのかすぐに答えられますか?

普段からビールが好きで飲んでいるビール党のあなたも、案外即答できないのではないでしょうか。

そこで今回の記事ではビールを飲みまくってる僕が、他のお酒よりもビールを飲むべき理由について考えたことを書いていきます。

  • ビールの何が他のお酒より良いのかわからない
  • いまいちビールを好きになれない

そんなあなたは絶対に最後まで読んでみてください!
これからはきっとビールが飲みたくなるはずですよ♪

あなたの「ビール」のイメージってどんなもの?

まずはあなたの考える「ビール」のイメージについて、一緒に確認していきましょう。

最近ではかなり変わってきたものの、多くの人のイメージする「ビール」というのは

  • 飲み会の最初に注文するもの(または強制的に注文させられるもの)で
  • 炭酸が強くて
  • 黄色(または金色)で
  • キンキンに冷やして
  • 何杯もおかわりしまくって
  • オジサンたちが「グビグビ、プッハァー!」と飲む

こんな感じのイメージではないでしょうか?

このイメージはビールのイメージとして間違っているわけではないのですが、あくまでもビールの中の1つの種類にすぎません。

銘柄(商品名)でいうと、アサヒスーパードライとか、サントリープレミアムモルツ(プレモル)とかのビールのイメージです。

ビールをオススメする5つの理由

ここからはビールを300種類以上飲んできた僕が考える、他のお酒よりビールをオススメする5つの理由について述べていきます。

どうもビールに抵抗がある・・・という人は、よ〜く読んでみてくださいね!

ビールには無数のスタイルがある!

上記のような「グビグビ、プッハァー!」なビールは無数にあるビールの中の1つのスタイルにすぎません。
スタイルというのは、平たくいうと「種類」のことです。

これらは主にピルスナーと呼ばれるスタイルです。

ビールはこのスタイルの違いによって、無限の味や香り、見た目の違いを生み出しているのです!

無数のスタイルの違いによって、飲む人を飽きさせない。
これこそが、ビールを飲む理由の1つ目です。

ビールはスタイルによって全然違う

ワインなど他のお酒も種類が豊富なことは認めますが、それは主に産地や原材料そのものの違いから作られるもの。

それに比べ、ビールはほぼ全世界・地域に存在し、作り方も違えば原材料の豊富さも圧倒的です。
これほど多種多様なお酒は他にないのではないでしょうか。

あわせて読みたい
ビール ピルスナーウルケル チェコ とりあえず生
知って納得!チェコのピルスナーウルケルが「とりあえず生」ビールの発祥なんだ。居酒屋によくいく人はもちろん、そうでない人やお酒に興味がない人でも知っているビールの呼び方に「とりあえず生」というものがありますよね。...

ビールの原料って麦とポップだけじゃないの?

ビールはよく「麦汁」(単純に「麦」とも)などと表現されます。
また、「ホップ」という単語も耳にしたことがあるのではないでしょうか。

これらはビールを作る上での大事な原料なのですが、多くのビールではこれに加えて、
オレンジ、いちご、カシスなどのフルーツ、コリアンダー、ハーブ類、
小麦、コーヒー、チョコレート、はては牡蠣の煮汁やかつおダシまで、ありとあらゆる材料を使っています。

これらの豊富な材料によって、さまざまな味や香りの違いを生み出しているんですね。

ビールの材料にはありとあらゆる食材が使われる

ちなみに、これらの材料を使って小規模に作られているビールを「クラフトビール」なんて呼んだりします。
※小規模であるだけがクラフトビールの定義ではありません

何がクラフトビールなのか分からなければ、「普通のビールじゃないビールはクラフトビール」と覚えておけば、まぁだいたい合ってます。(雑)

Google検索で「クラフトビールが飲めるお店」と入力すれば、お近くのクラフトビールを扱っているバーや居酒屋がヒットするはず。

それらは「ビアパブ」なんて呼ばれたりもします。
ビアパブに行ったことがない人は、一度足を運んでみましょう〜!
そこでまたビールのイメージが変わると思いますよ。
※ちなみに僕が住んでいる門真市にそんなおしゃれなお店はありません泣

ビールはアルコール度数が低め

ワインや焼酎などのお酒に比べ、ビールのアルコール度数は低めであることもポイントです。

ワインなら13〜20%くらい、焼酎なら25%くらいのアルコール度数ですよね。

これに比べ、ビールは5%くらいが基本で、度数の高いものは10%近いものがあります。
反対に、度数の低いものなら2〜3%程度のまるでジュースのようなビールも。

これはアルコールに弱い人でも飲みやすいお酒とも言えますね。

ちなみに最初の方にピルスナーの例として挙げたアサヒスーパードライなどは、だいたい5%くらいですよ。

こうしてみると、ビールがアルコール度数の低いお酒であることがよくわかりますね。
(だからといってガブ飲みして良いわけではありません!)

「明日は早いから今夜は度数の高いおお酒を飲みづらいなぁ・・・」なんていうあなたも、ビールなら翌日に響きにくいから安心ですね!?

これも他のお酒よりビールを選ぶ理由の1つです。

ビールはアルコール度数が低めのお酒

ちなみにウイスキーならアルコール度数40%などがザラにあり、ジンやウォッカ、カシスなどを使った甘くて飲みやすいカクテルなどの度数も高いのでお気をつけて!
(カクテルは種類によりますが)

カクテル アルコール度数 高い ビールおしゃれなカクテルはアルコール度数高めです。

大衆的で気を遣わないお酒

ビールは最初に書いた通り、居酒屋でオジサンたちが飲んでいるイメージのあるお酒ですよね。

それって言い換えれば、とっても大衆的なお酒ってことです。

だからこそ皆に親しまれ、気を遣わない宴会などでも飲まれているんですね。

それに比べてワインは少しお高いイメージがあるお酒の定番ですし、ウイスキーやブランデーなどもちょっと大人なバーなどで飲むイメージはありませんか?

もちろんたまにそういうお店に行って大人な雰囲気を味わうのもよいのですが、僕としてはお酒は気を遣わず楽しく飲みたい。

だからこそ、大衆的なイメージのビールが好きなんですよね。

ビールは大衆的で気を遣わないお酒

ビールで世界旅行できる

最初の「スタイル」の部分でも少し触れたのですが、ビールは世界中の国や地域で作られ、飲まれているお酒です。

ということは、ビールを飲んで世界旅行を楽しむことができるのではないでしょうか!?

日本のビールから始め、韓国や中国、タイ、ベトナム、インド、などのアジア圏、ロシアやヨーロッパ各地、アメリカ、カナダ、ブラジル、ハワイ、オーストラリアなど・・・
探せばいくらでもあります。

これらのビールの発祥国を順番に抑えていけば、まるで世界中を旅行している気分になれる!(かもしれません!)

さらにビールを飲む時のおつまみをその国の代表的な料理や食材にすれば、より一層ビールで世界旅行を楽しめるはず。
ついでにYouTubeなどでその国を紹介している動画でも観ていれば最高ですね♪

お酒を単純に飲むのがいやなら、こういった楽しみ方もできるのがビールの良いところですよ!
これは他のお酒では出来ない芸当です。

ビール(とおつまみとYouTube)で世界中を旅しよう

もちろん、実際にその国に行って現地で飲むのが一番最高の飲み方だと思ってます!

ビール 世界中 世界旅行 めちゃくちゃある世界中には無数のビールが存在するんですよ〜。

まとめ

この記事では、ワインや焼酎などのお酒よりビールを飲むべき理由について、300種類以上のビールを飲んできた僕の視点から考えたことを書いてみました。

「ビール」とは・・・

この記事のまとめ

  • 使う材料が無数にあり、豊富な「スタイル」を生み出している
  • アルコール度数が低く、お酒に弱い人でも飲める
  • 大衆的で気楽なお酒である
  • 世界中のビールを飲むことで、世界旅行をしている気分になれる

もちろんこれらの内容はビールの魅力の一例にすぎません。

ビールは「グビグビ、プッハァー!」のピルスナースタイルだけではないのがわかってくれば、その多様なスタイルのおかげでどんな人でも楽しむことができますね。

もちろんピルスナーも素晴らしいスタイルの1つですから、これはこれで美味しく飲んで楽しめば良いでしょう!

「ビールって、ワインや焼酎とかと比べて何が良いのかわかんない」という人は、様々なスタイルのビールを試してみてください。

きっとあなたにぴったりなビールが見つかるはずです♪

ひかる
ひかる
ビール最高!(*´ω`*)
どんなビールがあるのか知りたいという方は、以下の記事もおすすめですよ。

あわせて読みたい
クラフトビール まとめ お試し ココナッツポーター
美味いも不味いも全部ある!300以上のクラフトビールを飲んだから語れる世界のBEERまとめ!【保存版】「世界中のありとあらゆるビールのことが知りたい!!!!」 そう考える全てのビール好きの人、ビア・ラブな人、ホップヘッドな人の期待に応え...
あわせて読みたい
秋 おすすめ コエドビール 漆黒
秋の夜長を楽しみたい!クラフトビール初心者〜中級者にオススメ5種類を紹介。ALOHA〜♪ 「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。   今回は「秋に飲むのにおすすめのビール」について書いていきます。  ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA