管理人の考え方

ひとりになりたいサラリーマンを救うため、コンビニのイートインを初めて利用してみた!

ALOHA〜♪
「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。
 
今回は「ひとり(独り)になりたいサラリーマン」の方に向けて記事を書いてみました。
 
(自分も含め、)サラリーマンの方々といえば、
 
会社に行くと同僚や上司に気を遣い
会社を出ると営業先のお客さんに気を遣い
家に帰ると家族に気を遣い(?)
 
身も心も休まることがありませんね。
 
本当はひとりでゆっくりしたいのに、上記の通り、ひとりになれる場所もタイミングもなかなかありませんよね。
 
僕自身もそんな1人です(笑)
 
・・・で、サラリーマンの1日の中でまとまった時間といえば昼休みです。
 
だけどその昼休みの時間すらも、同僚や取引先の人と過ごすことになってしまい、結局はひとりになれる事って少ないのではないでしょうか。
 
サラリーマンがどうしてもひとりになりたい場合、トイレの個室などで過ごすことになっている・・・なんて悲しい話も聞きます。(泣)
 
そこで今回は、ひとりになりたいサラリーマンにおすすめの場所を紹介します。
 
この記事が、「どこか安息の地はないのか・・・」とお嘆きのサラリーマンの方々の一助になれば幸いです。
 

ひとりになりたいならコンビニのイートインが最高

その場所とは、コンビニのイートインコーナーの事です。
 
ひと昔前にはほとんど見かけませんでしたが、最近のコンビニにはイートインコーナーが併設されているお店が多いですよね。
(店の外にある場合も)
 
ひとり なりたい コンビニ イートイン ファミリーマート内本町店例えばここは大阪の「ファミリーマート内本町店」です。
 
 
ひとり なりたい コンビニ イートイン きれいイートインコーナーはこんな感じです。
 
サラリーマンの方、このイートインコーナーって利用してみたことはありますか?
 
僕は最近まで一度も利用したことがなかったのですが、実はここが「超穴場」だったんです。
 
実際に利用してみた感想を述べていきます。
 

イートインコーナーの利用者は意外に多い

まずわかったのは、イートインコーナーを利用する人は意外に多いという事です。
 
それこそ老若男女問わず、多くの人が利用しています。
 
また、1人で来ている人、2〜4人ほどのグループで来ている人など、組み合わせも様々です。
 
「コンビニの店内で食べるって、どうなんよw」というのは間違った思い込みでした。
 

コンビニのイートインは気を遣わずひとりになれる

そして大事なのはこの部分です。
 
コンビニのイートインコーナーでは、周りに気を遣わずひとりになれる場所だったんです。
 
コンビニへ入店して買い物をし、退店するまでの一連の流れの中で、人(店員さん)と関わるのは基本的にレジのタイミングだけ。
 
イートインコーナーにいる間も含め、レジ係の店員さん以外とやりとりすることはありません。
 
(僕のように)周りに気を遣う人というのは、お店の店員さんにさえ気を遣ってしまい、ゆっくりと休憩しに来ているはずの飲食店ですら気疲れしてしまうケースだってあるんですよ。
 
「そんな気遣い考えたことがない」という方には信じられないかもしれませんが、性格上のことなので仕方ないんです。
 
コンビニだとそれがないので、より「ひとりになってゆっくりできる」環境になっているというわけです。
 
今までコンビニのイートインを利用したことがないという気遣いサラリーマンさんは、一度利用してみるのが本当にオススメです。
 
ひとり なりたい コンビニ イートイン 憩いの場コンビニはサラリーマンの憩いの場となり得ます。(写真は上記と別の店)

コンビニのイートインの使い方を解説

では、そんな初心者さんに向けて、コンビニのイートインコーナーの使い方を解説します。
 
初めての場合は誰だって緊張するもの。
特にみんな当たり前のように使っているものやサービスって、今さら他人に聞けないんですよね。
(周りに気を遣う人ならなおさら。)
 
ということで順番に書いていきます。
 
と言っても利用までのステップはたったのツーステップ。
 
①そのお店で何か購入する
→お弁当やカップ麺などの「メイン」でもいいし、ジュースやコーヒーなどのドリンクなどでもいいです。
 
僕はいつも野菜ジュースを買ってます。
安いし、栄養補給の意味もあるので。
 
②着席する
→空いている席に座ってゆっくり過ごしましょう。
 
以上!
 
とっても簡単なツーステップでした。
 
「ジュースだけでお昼時を過ごせるか!」と思われるかもしれませんが、持ち込んだお弁当やパンなどを食べている人も多くいました。
なので、あくまで「その席の最低利用代金」のつもりでジュースを購入するんです。
 
持ち込みはダメ!とは書いていないので、まぁオッケーかなと・・・
グレーゾーンってやつですね。)
 
もちろん「持ち込みはダメです」と書いてあったらそれは守ってください。
ともかく、何も買わずに居座るのは社会的によろしくないのでやめましょう。
 
僕もスーパーで半額になっていた菓子パンなどを前日に買って持ち込んでいました。
経費節減ってやつです。
 
ひとり なりたい コンビニ イートイン 注意書きいち社会人として、注意書きは守りましょう!
 

イートインのメリット・デメリット

では簡単にですが、コンビニのイートインコーナーを利用する際のメリットとデメリット(注意点)をまとめてみます。
 
参考にしてみてください。
 

イートインのメリットは4つ

①ひとりでいられる
→もちろんこれが大きなメリット。本記事のテーマです。
 
②どこにでもある
→コンビニエンスストアの特徴として、どこにでもあるというのが挙げられますね。
 
特に大都市の中心部、駅周辺ならコンビニの数には困らないでしょう。
その中でも綺麗なところ・便利なところを使いましょう。
 
何店舗かピックアップして、ローテーションするとさらに気を遣わずに済みますね。
 
③電源がある
→お店によっては電源があるところも。
電源の数は決して多くないと思いますが、場合によってはスマホ等の充電をすることもできますね。
(電源を利用してよいかはお店の人に確認してください。)
 
ひとり なりたい コンビニ イートイン 電源電源があればスマホの充電などもできますね。
 
④冷暖房完備
→夏の暑い時も冬の寒い時も、快適な空間に居られます。
これは大きなポイントですね。
 

イートインの注意点は3つ

①席の確保が大事
→利用者の多い人気店なら、みんなが席を狙っている場合も。
当然席の数は決まっているので、まるで椅子取りゲームのようです。
 
席を確保するための対策は2つ。
 
1つは、入店してすぐに席を確保する方法。
 
ハンカチ等の小物を先に空いた席に置いてから、その後何かを購入して戻ってくる方法です。
 
当たり前ですが、貴重品は絶対に置かないでください。
 
2つめはあらかじめ何か購入しておく方法。
 
例えばそのお店が朝の通勤時に通過する場所にあるのでしたら、その時点でジュースなどを購入しておき、昼休みになったらそれを持って行ってそのまま着席すればスムーズです。
お昼時のレジは混雑していて時間もかかりますしね。
 
※朝購入する際は必ず証拠としてレシートをもらっておきましょう。
 
この方法の難点は、昼休みにお店を訪れた時点で席が埋まっている場合があること。
 
そうなると、少し悲しいです。
 
席が空くのをおとなしく待つか、諦めて移動しましょう。
 
②隣の人と密着する場合もある
→お店によってはイートイン用の椅子をぎゅうぎゅう詰めに置いている場合もあります。
 
ひとり なりたい コンビニ イートイン 密着隣との距離が結構近いんです。
 
そうなると、必然的に隣の人と密着する時もあります。
 
これはもう・・・諦めも肝心です。
 
密着するのは嫌ですが、隣の人だってひとりになりたくて来ているので、干渉されることはまずありません。
 
自分の世界に没頭して過ごしましょう。
 
③ちゃんとそのお店を利用する
→さっきも書きましたが、そのお店を利用して、必ず何らかの物やサービスを購入してください。
 
お金も払わず席を確保するのは社会人としてダメです。
 
使うお金のの大小はともかく、何らかの代金を支払った上で利用しましょう。
 

コンビニのイートインを利用する3つのコツ

最後に、コンビニのイートインを利用するコツ3つご紹介します。
 
覚えておけばさらに便利に利用できますよ。
 

①時間をずらす

もし仕事の内容などで休憩時間そのもの変更することが可能であれば、少しずらして利用しましょう。
 
多くの企業は12:00〜13:00がお昼休みとなっていると思います。
 
体感ですが、12:00〜12:15くらいの間に利用者が殺到し、それまでに入店しないと席がないというケースも出てきます。
逆に、12:40くらいからはそれぞれの会社へ戻って午後の準備などを始めるため、一気に席が空いてきます。
 
ですから、もし仕事内容等によって休憩時間を少し後ろにずらすことができるのでしたら、他の人が昼休みの後半に差し掛かるくらいに訪問してみてください。
 
焦って席を確保したり、先に何かを購入しておくなどの必要もなくなりますよ。
 

②店内の無料Wi-Fiを利用

コンビニによっては、店内で無料Wi-Fiが解放されているところもあります。
 
こちらを利用することによって、休憩中に動画を見たりネットを使って通信する際もデータ使用量を気にしなくて済みますね。
 
ただし、セキュリティは心配ですし、通信速度もそれほど早くないケースも多いようなので、そのあたりは注意です。
 
ひとり なりたい コンビニ イートイン 店内ステッカー店内にこういうステッカーがあるので・・・
 
 
ひとり なりたい コンビニ イートイン Wi-Fiお店によっては無料Wi-Fiも完備されています。
 

③ポイントやクレカでお得に利用する

各コンビニで利用できるポイントやクレジットカードがありますよね。
 
例えばLAWSONならPonta、Family MartならTカード(Tポイント)、セブンイレブンならnanacoなどです。
 
※LAWSONのPontaならこんな感じ。
 
ポイントとかめんどくさいという方も、何度も使う可能性があるなら作っておいてもいいと思います。
知らないうちに結構ポイントがたまって、次回の利用がタダになる場合も出てきますよ。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
本記事では、「サラリーマンがひとりでゆっくり過ごすのにオススメの場所」をテーマにしてきました。
 
僕自身がそうなのですが、周りに気を遣う性格をしているので、たまにはひとりになりたい時があるんです。
 
きっとサラリーマンの皆さんは同じように思っている人が多いと考え、この記事を書きました。
 
そんな「気遣いさん」にオススメの場所こそ、コンビニのイートインコーナー
 
利用者を観察していると何となくわかるのですが、ほとんどの人が「自分の世界」に没頭していて他人へ話しかけてくる事はまずありません。
 
また、コンビニエンスストアというお店の仕組み上、店員さんがイートイン利用中のお客さんへ干渉してくる事はないでしょう。
 
結果、誰にも気遣いする事なく、本当の意味でゆっくりする事が可能です。
 
利用するにあたって注意する事やコツなどがありますので、よかったら本文を参考にしてみてくださいね。
 
 
 
あ、周りに気を遣わないでよいといっても、大声で電話したり、ヘッドホンの音を大きくしてガンガン音漏れさせたり、むやみに自分のスペースを広く取るなどはないようにしてくださいね。
(当たり前ですが)
 
共有スペースなので、最低限のマナーは守って!
 
この記事がきっかけでサラリーマンの皆さんが少しでも心休まればいいなと思います。
 
 
それではっ!MAHALO〜♪
 
☆こちらも読まれています☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA