パワハラが何かわかってますか?自爆営業に頼った会社の末路は決まっていますよ。【社会】(郵便局)

よかったら記事のいいね!やシェアをお願いします(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4
ALOHA〜♪
「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。
 
 
今回は怒りに任せて文章を書いております。
その怒りの対象というのは、郵便局です。
 
郵便配達について「ふざけてんのか!」って思ってしまったので、ブログに書かせていただきます。
 
郵便局大好きな方やタイトル・冒頭の文章を読んでちょっと・・・と思った方は、今回の記事は読まずにパスしてくださって結構です。
 
ほんまにこんなの続けてたら会社潰れてしまいまっせ・・・。
 
 
パワハラ 何 自爆営業 郵便局 郵便局

運送業界最大手!

 

世間における郵便局のイメージは?

実は僕は、今までの人生のうち3回も郵便局関係で働いていた事があるんですよ。
そのうち配達に関わっていたのは最初と最後の2回(2期?)。
 
最初の時は特に嫌な部分や不満はなかったんですが、最後の時は嫌な思いをいっぱいしました。
というか、社会の常識的におかしいことだらけでした。
(詳しくは後述します。)
 
世間の郵便局のイメージって、おそらく 
  • ボーナスや福利厚生がしっかりしてて良い会社
  • 昔から続く大企業(元々は公務員)で倒産の心配無し
  • 真面目で朗らかな社員さんばっかり
  • 年末年始も働いて大変
  • 雨の日も風の日も配達してくれてすごい

みたいな感じでしょうか。 

世間的には郵便局のイメージってとても良いんじゃないでしょうか。

少なくとも僕の周りにいる人はそれほど悪いイメージを持っているようには感じません。

日本の郵便制度はとても優れている

僕も働いている当時は上記のようなことを言われた経験があります。
 
確かに一部は合ってますし、関わっていない今では客観的にみても大変な仕事だと思います。
特に感じるのは、最後の「雨の日も風の日も配達する」というところでしょうか。
 
台風や雷の警報が出ているなど、よっぽどの場合以外ではほぼ確実に配達をしています。
これは自分もやっていたからわかるんですが、はっきり言ってめっちゃ大変です。
 
雨具は夏場暑く、冬場は寒い。
手が雨でびしょびしょ、または寒さでかじかんで郵便物やペンなどが握れない。
郵便物が雨でボロボロになったり糊がとれてしまったりした事によるクレーム。
 
本当に、体力的にも精神的にもキツイ仕事ですし、この部分に関しては素直に凄いと思えます。
こんな過酷な仕事をしているのに配達までにかかる日数や配達の正確さがとても優れています。
日本の郵便制度を諸外国の郵便制度と比べてみればすぐにわかりますね。
 
お疲れ様です本当に。
 
ですが、僕は郵便局はきらいです。

社会人として、いや、人としてどうなん?

普段生活していて郵便局員と接することってどのくらいありますか?
 
例えば会社勤めの事務の方などは、会社の用事で郵便を出しに行ったり配達員が書留や小包を持って来訪するタイミングで接することもあるでしょう。
 
もしくは個人のお宅であっても、大型の郵便や小包が頻繁に届くお宅もあるでしょうから、よく会うことがある方もいらっしゃると思います。
 
それでも、応対時間は長くて数分程度だと思います。
しかも、お客さんと従業員の立場で会うのですから、仮に不快になることがあってもその気分が長く続くことはないと考えられます。
 
しかし関係者として内部に入ってしまうと、その異常さに気づきます。
社会人としてもやけど、人としてどうなん?って。

挨拶について

まず、挨拶が無い。
朝の出勤時も帰りの終業時も全く無い。
 
もちろん一般社員同士でもほとんど挨拶が無いし、なんと局長や部長などの上司クラスでも無いんです。
 
仕事を退職する際も上司からはお疲れさんの一言もなかったです。
というより、退職日の終業時間頃には上司の面々は誰もいなかったですね。
タバコ吸いに行くために喫煙スペースに行ってらっしゃいましたね。
 
さすがに同じ班で働いている人からは一言ありましたが。
 
挨拶しても気づいてないのなら少しは許容しますが、挨拶時に目が合っても返事がないのはだめですね〜。

清掃について

で次に社内が汚い。
ロッカールームなんか「本当に掃除してんの?」ってくらい汚い。
 
着替える際に靴もはき替えるので足を置くためのプラスチック製のスノコがあるのですが、それも全箇所にあるわけではないし、そのスノコを移動させたらほぼ確実に害虫の死骸(生存中の場合アリ)がある。
 
そして足元ももちろん埃だらけ。
 
あと、ロッカールームの外の廊下部分にも害虫がうろうろしてます。
たまに靴や台車で踏まれて轢死してます。
 
その死骸をさらに別の人が踏んで歩いたりしてます。
 
まぁすぐ近くが食堂だからよけいに発生するのかもしれませんが、マジで汚いです。
というか気持ち悪いです。

タバコについて

タバコの臭いがプンプンしてるのもマイナス。
これは実際にお客さんからクレームが度々出ているそうで、対策もとっていまたようですが。
 
タバコの臭いって、喫煙しない人にとって本当にくさいんですよね。
 
本当に一瞬でわかるくらいなので、タバコ用のリセッシュとか消臭剤なんか使っても無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!!!!(DIO様風)
 
 
さすがにひと昔前にいた「バイクの運転をしながら喫煙するタイプの人」はいなくなったと思いますが、車で配達している社員やバイクで営業している保険の担当者なんか立ち止まってそこらへんで吸ってます。
しかも、2〜3人でたむろしてることも多いです。
 
普通に考えて、制服着て2〜3人でたむろしてタバコ吸ってたら見た目に悪いやろうと思わないんですかね?
しかもほとんどの社員が「くぁ〜っ!ぺっ!」って唾や痰を吐いてますしね。
 
これは別に年配の社員だけがやってるわけではなく、若い奴らでも普通にやってますからね。
うちの近くでも度々見かけます。
 
頻繁にクレームが届いてるのに、本当にバカだと思いますわ。
ちょっとはお客さんの目を気にしてみては?

パワハラについて

パワハラも普通に横行してます。
殴る蹴るはさすがにありませんが。
 
いちおう週に一回は朝礼などで、上司からパワハラやセクハラについての解説(研修)時間が数分あります。
あるんですが、その上司自身は、営業ノルマ未達成と称して自腹買取を半強制しています。
「◯◯くん、△△(←商品名)が未達成やからな〜、はよ買っとけよ〜」
みたいな。
 
新入社員や立場の弱いアルバイトの人が局長や部長クラスに言われたら断れないですよね。
「年賀葉書の自爆営業」っていう言葉を聞いたことある方もいらっしゃると思いますが、あれは何も年賀葉書に限ったことじゃないです。
  
それ以外にも郵便局で販売している商品もいっぱいあります。
 
カレーライスとか、「それって郵便局に何の関係があるん?」って商品がいっぱいあります。
天下り先がたくさん絡んでいるんでしょうね〜。
興味のある方は地域の本局などでパンフレット置き場をチェックしてみてください。
ものすごい種類のカタログが置いてます。
 
他にも、配達が遅い社員さんや営業ノルマ未達成の社員さんに対して、本人がいない所で普通に名指しで「◯◯はどうにか使いもんにならんのかぁ?」みたいなことを言ってます。
 
周りに他の社員やアルバイトがいるのにですよ。
 
場合によっては即パワハラやモラハラで訴えられるリスクもあるのに、そんなこと気にしてないんですね。
 
完全に感覚が麻痺してます。
そういうことも「呼吸をするように当たり前」の感覚になっているんでしょうね。
 
ああ、思い出しても腹立ってくるわホンマ。
 
ちなみに僕が言われていたことではありません。念のため。
僕が成績優秀だったとかではなくて、単に眼中になかったんでしょうね。
目が合って挨拶しても返事の挨拶が無いくらいですから。
 
まさにアウトオブガンチューw
 
パワハラ 何 自爆営業 郵便局 権力

お前なんかアウト・オブ・ガンチューっすわ〜

立場の上の人物の独裁国家

言い出したらきりが無いんですが、その中でも特に「頭おかしいんちゃうか」と思ったことを一つ。
 
退職する際、ロッカーの鍵など借りていたものを返す必要があります。
まだ就業時間内だったのですが、その日にしないといけない仕事は早めに終わったので、書類を書いたりする退職手続き的な事も何かあるだろうと思い、終業10分前くらいに総務課に行ったんですね。
 
総務課には以前から嫌いな担当者(Aさん)がいるので極力行きたくなかったのですが、辞めるのに行かないわけにもいかず。
 
やはり挨拶も何も無く始まった説明。
制服などは洗濯してクリーニングに出さないといけないそうで、それもお金と時間がかかるんですけど、まあ仕方ない。
 
で、その辺の説明の後、Aさんに言われたことに驚いたんですよ。
 
そもそも総務課に来るようにも言われてなかったし、手続きをどう進めるのかも聞いてないんですが、なんと
A「◯◯(僕の苗字)さん、早くロッカーの鍵返してもらえますかね?
と言われたんです。
僕「え、でもまだ就業時間内ですよ?
と当然返事しますよね。
その返答は、
A「それはあなたの都合ですよねぇ?
でした。
 
何言ってんのこいつw
 
温厚な僕もこの時はさすがに
僕「は?w
僕の都合じゃなくて会社の都合でまだ就業時間内なんですけどw
今着替え終わって荷物まとめて鍵返したら、勝手に就業時間前に終わってることになりますよねw
それやったら先に部長や局長通して連絡しておいてもらえませんかねw
僕が就業規則違反の扱いになってしまうんでw
と言ってしまいました。
 
それには無反応でしたがw
 
本当に頭悪い、てか、頭おかしい。
自分は1分たりとも残業したくないんでしょう。
こっちだって1分たりともこの職場に居たくない。
帰れるもんならはよ帰らせてくれ。
 
就業時間終了のチャイムと同時に着替えてお望みのロッカーの鍵を持って行ったら、すでにAさんはお帰りになられていましたw
 
そういえば、あやうく雨具(カッパ)もクリーニングに出せと言われるところでした。
(別の担当者に聞いたら家で洗濯するだけでもいいと言われた。どっちやねん。)
僕より前に辞めた人のものなんか、クリーニングどころかその辺に放置されてるままなんですがね。
 
なんで人によってそんなに対応が違うんすかねー。
 
こういう「職場は自分の独裁国家。だから何をしても何を言っても大丈夫。」みたいな考え方の人たちが普通に存在してるんですね〜。
 
ちなみにこれらのことは、最初(1回目)に働いていた時は感じませんでした。
全部最後(3回目)の時に気付いたことなんですねー。
最初感じなかったのは、自分が未熟で気付かなかったからなのか本当にそんなことは無かったからなのか、郵政が民営化したからかわかりませんがw
 
Aさんについて、他にも色々思い出してきた。
書いてたらまたムカついてきましたわ。

スタッフは自社商品やシステムを一度利用してみましょう

さて、前置きがめっちゃ長くなりましたが、今回のきっかけとなった事はここからなんです。
 
上で自爆営業についてちょっと書きましたが、僕としては「自社の商品やシステムを知るために、敢えて自腹を切る」のは良いことだと思います。
 
上司からの強制ではなく、あくまで自分の意思で、ですが。
 
というかもっと言えば、会社が費用を負担して自社商品やシステムをスタッフにプレゼントしてもいいくらいだと思ってます。
もしくは激安になる社員割引を適用してあげるとか。
 
ちょっと違うかもしれませんが、例えば運送会社なら中型免許の取得費用やリフトの免許取得費用を出したりしてくれますよね。
そういう支援制度のようなものがあって然るべきだと思ってます。
 
まぁとにかく、自分が働いている会社の商品を知っておくのは良いことです。
てかむしろ知っておかないとだめですよね。
商品数が半端なく多いなどの場合は全てを完璧にマスターするのは難しいかもしれませんが。
 
郵便配達の場合でも同様で、商品知識は知っておくべきことです。
それと、システム利用の際の注意点も。
 
今回、書留郵便が届いていたのですが、不在のため「郵便物等ご不在連絡票(再配達を依頼するための不在票のことです。)」がポストに投函されていたんですね。
 
せっかく配達してくれたのに受け取れなくて申し訳なかったなとは思ったのですが、注目してほしいのは下の方です。
 
パワハラ 何 自爆営業 郵便局 不在票

下部[ア]にご注目ください

 
「再配達のご依頼に必要な情報」の[ア]の欄なんですが、ここは自宅の郵便番号+郵便の種類番号が書かれているんですね。
 
うちは門真なので最初3桁は「571」、その後地域の郵便番号4桁が続き、最後の郵便の種類(今回は簡易書留なので「03」)があって、合計9桁になります。
 
で、再配達を自動音声案内の受付で依頼する場合、この[ア]にある9桁を電話機でプッシュしていくんですよ。
 
モザイクをかけていますが、地域の番号4桁のうち最初の2桁は空欄になってますよね。
 
ということは、この場合必要な9桁の数字が無く、7桁になっているということです。
当然再配達依頼は出来ないですよね。
 

再配達依頼の依頼方法知らんの?

僕は自分で配達もしていましたし、客として何度も再配達を依頼したことがあるから知っていて問題ありませんが、これがもし全く初めての方など利用方法を知らない人だとしたらどうでしょう?
機械(電話やネットのこと)の扱いに慣れていない年配の方だったら?
 
音声案内で申し込もうと四苦八苦した挙句、結局実行できず、次は担当者につながるまで電話をかけ続け、ようやく繋がったマナーの悪い電話受付の人に直接話さないといけないことになりますよね。
 
もしくは配達元の郵便局に直接取りに行くか。
(結局僕は配達元へ取りに行きましたが。)
 
非常に無駄なことをしていることになります。
本当に、時間やお金は無限じゃないんですよ。
 
しかもこの自動音声案内、スマホや携帯電話から電話すると通話料無料じゃないんですよ。
 
普通の企業なら大抵「0120−」などの無料受付の回線を持ってますよね。
しかしこちらにおわす郵便局様はそうではないんです。
 
今回のケースでは、下手したら2回分の通話料が発生するっていうことになります。
 
こんなん、今時FacebookやTwitterでも使えば無料で済むのに。
しかも早い。
(インターネット受付もありますが、レスポンスが無いので本当に受け付けられているのかわかりにくい。)
 
時間もお金も無駄に使わされ、非常に理不尽です。
 
「そんなに言うなら郵便局利用するなよ」と言われそうですが、残念ながら現在文書が送れるインフラとして機能しているのは郵便局様しかないんですよね〜。
 
使わなくて済むなら使いたくないです。
 
今回の配達担当者さん、仕事をなめてるの?
もしくは自社のシステムを使った事がないの?
たまたま頭の2桁を書き忘れたの?w
 
頼んますよほんまに。
まあもう一個付け足すなら、ラベルをど真ん中に貼るなと。
再配達の連絡先の電話番号見えへんやんけ。
 
それと腹立ってるのはもう一つ理由があります。

あなたの会社は取引先に使用感のあるものを使いますか?

もう一つの理由というのが、「折れ曲がった封筒を送ってきた」ってことです。
 
腹が立ちつつも、とりあえず郵便を受け取って現物を確認したら、これ。
 
パワハラ 何 自爆営業 郵便局 折れている

真ん中折れてますけど・・・

 
使用済みの封筒なのか単に保管状態が悪かったのかわかりませんが、とにかく真ん中から横に半分に折れ線が付いてます。
たしかに折り曲げ厳禁の書類でもなかったですし、そんなに気にすることでもないのかもしれませんがね。
 
最初は配達員が折り曲げて持って来たのかなと思ったのですが、中身の書類には特に折れ線は無かったんですね。
ということは、最初から折れていた封筒を使ったってことでしょう。
 
あなたの会社やお店は、自社の取引先に使用感のある、見栄えの悪い封筒を使ったりするでしょうか?
 
完全に相手をなめてますよ。
少なくとも僕はそう感じてしまいました。
特に僕の場合は今までの嫌な感じ(不信感)があったので余計にそう感じたのかもしれません。
 
しかし、いちユーザーとして感じている人間がいる以上、きっと他にも同感の方はいるでしょう。
だって全国インフラだから。
 
良い客も悪い客もいるかもしれませんが、日本全国にオフラインの顧客がいるって相当すごいことですよ。
そんな会社きっとどこにも無いです。
「自分たちは本当にすごい会社の一員なんだ」と、そういう自覚をもっと持ってほしいものです。

まとめ

怒りに任せてめっちゃ長くなりましたが、これも少しでも関わったことのある人間の憂いだと思ってほしいです。
 
ご存知の通り、郵政事業は民営化して3分割されました。
(当初は4分割だった。)
金融関係2社はそこそこいい感じになってきているようです。
苦戦しつつも前に進んでいて、新しい分野の商品やサービスを取り入れ、社員教育も進んできており、進歩しているように見えます。
 
しかし、大本である「郵便(局)」はどうでしょう?
 
せっかく持っている様々なアドバンテージを活かすこともできず、昔のしがらみで生きているだけにしか見えません。
年賀状の利用も年々減ってますよね?
少なくとも僕は自分発信で年賀状を出さなくなりました。
といっても、お世話になっている人から送られてきたら返す程度はしてます。
年賀状はそもそも出す気がないのでいいんですが、出したくなくなった理由にはこういう背景があるのは間違いないです。 
 
上にも書きましたが、他にもたくさん商品があります。
そのうちの、一体何割の売り上げが自社内で消費されているんでしょう?
 
以前郵便局内の研修で聞いたのですが、2014年まで年々郵便収益が減ってきていたのが2015年についに少しだけ黒字になったそうです。
その大きな理由は「マイナンバー制度」の通知のための国からの郵便収入があったからだそうです。
 
みなさんの家にも届きましたよね?マイナンバーの通知書。
それが無かったら、さらに赤字がかさんでいたのであろうことは容易に推察できます。
さらにその赤字の中で、一体どのくらいの社員の自爆営業があるものなのか・・・。
 
いい加減この体質と制度、社内の状況を変えていかないと、このままじゃ会社潰れてしまいますよ、本当に。
というか、むしろ潰れてもいいと考えているんでしょうかねー上層では。
 
郵便局の資産規模なら、なんだかんだ適当にやってても、向こう10〜15年くらいは倒産することはまず無いでしょう。
規模の縮小とかはあるかもしれませんが。
その間に引退する人、引退に近いところにいる人にとって、今の状態なんかどうでもいいんでしょう。
 
あいかわらず無くならない天下りや、そこそこ良い額の年金を貰う人にとっては何の問題もないですよね。
 
パワハラ 何 自爆営業 郵便局 

「僕らが配達してたあの頃は良かったね〜」っていう時代が来ますよ。

 
なにも郵便局で働いている人のすべてがそんな人間だとは思ってません。
「自分にはこの仕事しかないから一生懸命やる」
「1人でも多くの人に心を込めて配達したい」
「自分の後輩に働きやすい職場環境をつくってやりたい」
そんな想いや志を持って働いている社員がいることも知ってます。
 
僕は数カ所の郵便局でしか働いたことがないので、また別の郵便局では職場の雰囲気や体質も違うんでしょう。
冒頭にも書いたように仕事の内容自体は素晴らしいものだと思ってますし、必要とする人も多い以上は頑張って継続してほしい事業だとも思ってます。
 
ただいかんせん悪い部分が目立ち過ぎてしまっているのが残念です。
 
組織が大きすぎるので、個人がいくら頑張っても限界があり上昇気配が見えないっていうのも残念ポイントなんでしょうね。
 
どうにか頑張って持ち直してほしいと思いつつ、「もう潰れてもいいんじゃね?」みたいにも思いつつ・・・
 
 
 
アツくなってしまいました。
 
 
 
あなたはどう思われますか?
郵便局にどういう印象をお持ちですか?
今度利用する際、よかったらいろんな部分を見てみてください。
 
それではっ!MAHALO〜♪
 
スポンサーリンク




よかったら記事のいいね!やシェアをお願いします(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログのフォローはこちらから!

スポンサーリンク