昼食の内容で気がついた、貧乏な人と裕福な人の格差が広がるたった1つの理由。

記事のいいね!やシェアをお願いします(^^)

こんにちは!ひかるです。
 
この記事では「貧乏な人と裕福な人の格差は広がる」ということにフォーカスして考えてみました。
 
これは僕自身の実体験で感じたことです。
 
貧乏な人と裕福な人・・・というと聞こえは悪いですが、要するに「自由に使えるお金が少ない人とそうでない人」という言葉に置き換えていただければ結構です。
(記事内ではそのまま「貧乏」「裕福」という言葉で表現します)
 
どういう意味かというのは、ぜひ本文を読んで考えてください。
 

裕福な人は投資をする

裕福な人って投資をしているイメージがあります。
これはほぼ間違いない話です。
 
しかし投資と聞いてイメージするのは「株」「不動産」「純金」などの金融商品ではないでしょうか?
 
もちろんこれらの金融商品やそこから派生したものへ投資している人は多いと思います。
 
しかし僕が思ったのは、投資をする対象は「自分」であるということ。
「自分への投資」という言葉はよく耳にしますが、これはとても正しい投資方法で、本来なら誰でもやるべきことなんですよね。
なぜなら、人が生涯に稼ぐ金額は2億円を超えると言われ、その金額を生み出すような金融資産は他にないからです。
 
最も効果的に資産を増やせるのが自分という投資対象への投資であるのは間違い無いでしょう。
 
裕福 自己投資 惜しまない

裕福な人は自分への投資を惜しまない。


 

貧乏な人は投資ができない

しかし、ここで貧乏な人と裕福な人の差が生まれます。
 
要するに「貧乏な人は自分への投資をすることができない」ということです。
後述しますが、このことは最近の自分を省みた時に「ハッ!」と気がついたんです。
 

自分への投資には何がある?

ところで「自分への投資」と聞いた時にどういうものが思い浮かびますか?
いくつか例を挙げると、
  • 勉強して語学やITの知識を身につける
  • 資格を取る
  • 美術品や芸術に触れる
  • 最新のテクノロジーを手にいれて使いこなす
  • 旅行に行って色々な体験をする
  • トレーニングをする
  • 健康に良いものを食べて体調を良くする
  • etc・・・
と、考えればいくらでも出てきます。
 
もちろん普段の買い物でファッションセンスを磨くことなど、日常の何気ない行動も含まれます。
 
そしてこれらのことをするのに必要なのが、「お金」なんですよね。
 
必要なお金の大小の違いはありますし、中にはお金がなくても取り組める投資分野もあるかもしれません。
しかし僕がこれらの投資方法の中で最も大事だと考えるのが「健康への投資」なんです。
健康への投資には多少のお金が必要になるんじゃないでしょうか?
 
2億円以上を生み出すには自分が健康でなければ到底無理な話。
もちろんこれは障がいを持っているとダメだとか、病気の人がダメだとか、そういうことを言っているのではありません。
 
健康な人が不健康なことをし続けるといずれは病院や薬に頼る必要があり、そのせいで資産を食いつぶす恐れがあるという意味です。
 
不健康 貧乏人 病院 薬

病院や薬に頼る生活はしたくないのが本音。


 

平日のお昼ご飯は菓子パンがメイン

僕は現在、訳あって非常に金欠です。
(僕の金欠事情に興味がある人は記事の最後にリンクを貼っておきます)
そんな金欠の僕のお昼ご飯は菓子パンがメインになっています。
 
家族はもっと色んなものを食べたらいいと言ってくれていますが、現実問題、お昼ご飯代を極力浮かせたいというのが本音なんです。
 
ここで計算をしてみますが、昼食代が1日あたり菓子パンで200円程度で済むのと外食等で700円くらいになるのを比べると、その差は約500円。
月に20日働くのであれば10000円の差が出ます。
(年間で120000円)
 
この差は大きいと言わざるを得ません。
 
もちろんもう少し収入が安定してくればお昼の10000円くらいはペイできるようになるでしょう。
しかし現状ではこの差額が大きいので、菓子パンで我慢してるんですね。
 
パン 安い 栄養

パン生活で我慢の日々。


 

高カロリー・高糖分の菓子パン

この菓子パンの1番のネックは高カロリーであること。
そして高糖分であることです。
 
菓子パンを昼食に3〜4つ食べるとそれだけで1000kcalをオーバーします。
このカロリー、例えば吉野家の牛丼特盛りが1063kcal(吉野家公式サイトより)らしく、それとほぼ同じ熱量を取り込んでいることになります。
 
特盛を食べたことのある方ならわかると思いますが、あれって相当お腹いっぱいになりますよね?
 
パンではカロリーが多いだけでお腹は膨れません。
栄養価なども全く期待できません。
 
また、それに加えてさらに問題なのが糖分です。
 
糖分が多いと体が糖化してボロボロになると言われますし、血糖値の急激な上昇などもあり、お世辞にも体に良いとは言えませんよね。
また、血糖値を下げるインスリンの分泌によってすぐに空腹を感じてしまうらしく、さらに食べる原因(肥満になる原因)となってしまうそうです。
 
各種病気のリスクも上がるので、おやつ代わりや小腹を満たすために少量食べるのならともかく、食事のメインに持ってくるものではないと言えます。
 
昼食 パン 貧乏人

ある日の昼食とその次の日の昼食。情けないやら恥ずかしいやら。


 

菓子パンに栄養はあるのか?

果たして菓子パンに栄養は含まれているのでしょうか?
 
菓子パンといってもいろいろあります。
中には果物や野菜、卵が入ったものもあるので一概にはいえませんが、ランチに「〇〇定食」などを食べるのと比べると圧倒的に栄養価は低いと思われます。
 
またそれに反比例して増えるのが先のカロリーや糖分といった過剰に摂ってはいけない栄養価(成分)。
 
ということで、菓子パンばかりを食べていては不健康になると言わざるを得ないでしょう。
しかしそれでも月々10000円の差を埋めることはできず、仕方なくパン生活を続けることになってしまっています。
 
こうして貧乏な人は不健康に、裕福な人は健康になり、さらにその差は開いていくと思われます。
 
「お昼ご飯代すら捻出できない」という事実が、昼食のパンを食べていて気がついた貧乏な人と裕福な人の差が開いていくたった1つの理由です。
 
貧乏 裕福 差が開く

格差は開いていくと思われます。


 

「貧乏な人」から脱却するには?

ではそんな貧乏な人から脱却するにはどうすればいいのでしょうか?
 
言うは易しですが、「持てる力を一点集中で全て注いで自分に投資する」しかないと思います。
しかもそれは「不健康になる前に」という前提条件つきです。
 
不健康な体になり、病院や薬から抜け出せなくなると、さらに貧乏から脱却するのが難しくなるでしょう。
 
幸い元々が健康体の人はそんな簡単に不健康になるわけでもなく、本気で集中することで収入アップし、裕福な人の仲間入りができる可能性はあると考えています。
 
ただし、本気の本気、全力で取り組む必要はあると思います。
しかも一点集中で、何かに特化する。
これしかないと思います。
 
そうでなければ当たりもしない宝くじのラッキーに賭けるような「ギャンブル」という手段しかなくなりますから。
 
ギャンブルのような不確実な方法を選択しているようでは、やはり貧乏から抜け出せない思考になっていくでしょうね。
 

本気で収入アップに取り組む

本気で、全力で収入アップに取り組むのであれば、何が一番いいのでしょうか?
  • 資格を取る勉強をする?
  • 副業を始める?
  • 転職する?
  • それとも一念発起して起業する?
どれも正解かもしれないですし、そうでないかもしれません。
 
何れにしても、「スタートしてすぐに裕福な人の仲間入りができる」なんてことはありません。
地道に実績を積むなり、勉強して知識を増やすなりして、初めて成果が出るものです。
 
これのヒントとして、「知らなきゃ損!あなたの収入を増やすためには副業の種類を知るのが正解!」という記事に収入アップにつながる方法をいくつかまとめていますので、よかったらそちらの記事も参考にしてみてください。
 
実際に僕もいくつかの方法を使って収入を得ているものもありますので役に立つかもしれません。
 
知らなきゃ損!あなたの収入を増やすためには副業の種類を知るのが正解!
知らなきゃ損!あなたの収入を増やすためには副業の種類を知るのが正解!
こんにちは!ひかるです。   今回はあなたの収入を増やす方法を7つに分けてご紹介いたします! またテーマとして「会社に行かず、どこにも...
 

まとめ

今回は貧乏な人と裕福な人の差にフォーカスして考えてみました。
 
自分という最大の資産は生涯に2億円以上稼ぐと言われていて、どんな金融商品よりも投資のリターンが高いそうです。
 
なので、まずは自分への投資を重視するのが良いのですが、その中でも特に大事な「健康」という分野に、貧乏な人は投資することができません。
アメリカでもファストフードばかり食べている人は貧乏な人であり、不健康になっているのが現状です。
不健康になると病院や薬に頼らざるを得なくなり、 それは裕福な人との差が広がっていく一つの理由になっていると考えます。
 
この流れはどこかで断ち切らないといけません。
そうしないと、自分はおろか、自分の家族や子どもやその子孫にもつながっていく元凶となる恐れがあります。
 
現在の自分の状況を省みて「貧乏な人」だと思うのであれば、とにかく全力を傾けてその状況を脱出できるように取り組みましょう。
 
どの方法が一番かは人によって違うと思いますが、先ほど紹介した記事などを参考にしてもらえればと思います。
 
そして逆に「今の自分は裕福な人」だと思うのでしたら、その状況にあぐらをかいて怠惰に過ごすのではなく、さらに良い状態を目指して精進していきましょう。
 
人生いろいろです。
世の中の移り変わりも早いです。
今の状況がずっと続くと思わずに、いつ、何が起こっても良い状態を保てるように自分への投資を怠らないようにするべきです。
 
何度も言いますが、人が生涯に稼ぐ金額は2億円以上と言われています。
今後も資産を生み続ける「自分」という投資対象の効果を最大に保つためにも、今できることを全力でやるようにしましょう!
 
 
ではっ!!
 
※文中に書いた現在の状況の発端は、「【独白】僕が一度人生を諦めた理由その1。夢も希望も失った馬鹿な男の話。ー序章ー」という記事に書いています。
 
「その6」まである長文なので、お時間とご興味があればお読みいただけると嬉しいです。
 
【独白】僕が一度人生を諦めた理由その1。夢も希望も失った馬鹿な男の話。ー序章ー
【独白】僕が一度人生を諦めた理由その1。夢も希望も失った馬鹿な男の話。ー序章ー
こんにちは。ひかるです。   今日はつらい記憶と経験の話を書きます。   このブログを始めようと思ったのも実は今回の話がきっかけです...
スポンサーリンク

記事のいいね!やシェアをお願いします(^^)

ブログのフォローはこちらから!

スポンサーリンク