管理人の日々

【趣味】風来のシレン<月影村の怪物>プレイ日記1!攻略スタート!(解説〜ダンジョン入り口まで)

ALOHA〜♪
「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。
 
先ほど自宅の倉庫に物を取りに行ったのですが、そこで面白いものを発見!
 
それがこれ。
 
ゲームボーイ 風来のシレン 懐かしい レトロ なんとも懐かしいものを発見!
 
任天堂のゲームボーイポケット(GAME BOY pocket)と、「不思議のダンジョン 風来のシレン<月影村の怪物>」というソフトです!
しかも初回限定版のマムルステッカーも無傷の状態で同封されていました!
 
他にもいくつか発掘してきたのですが、せっかく自分がブログを書いているので、このゲームについてのプレイ日記を書こうかなと思った次第です。
ただ不思議のダンジョンはクセがありますし、ゲームボーイというハードを使うのでうまく「プレイ日記」として成立するかわからないのが問題ですが、とりあえずやってみますw
 
もう18、19年前くらい?前のソフトなので、一部忘れている部分があるのですが、それも面白いかなと思います。
 
飽きるまで不定期更新します。
興味のある方はお読みくださいませw
 

風来のシレン<月影村の怪物>って?

ご存知ない方のためにこの「風来のシレン<月影村の怪物>」のストーリーやゲーム性を先にお伝えします。
 
ストーリー
風来坊「シレン」が相棒の「コッパ」を探すうちに「月影村」という村に迷い込む。
村では「クヨウ峠」の怪物「オロチ」にこどもを差し出さないといけない決まりがある。
生贄になった「フミ」という少女を救うために少年「ナギ」がクヨウ峠に入ったらしい。
シレンはフミとナギを救い出せるのか!?
 
というもの。
つまりシレンという人物が月影村で生贄になっているこどもを助ける・・・ってことです。
 
ここら辺はよくある話という感じですねー。
 
それから本作は「不思議のダンジョン」というシリーズのものです。
この不思議のダンジョンについても簡単に解説します。
 
不思議のダンジョン
プレイするたびに地形の変わるダンジョン(冒険をする場所)をクリアする迷宮探索型RPGというゲーム。
(ローグライクゲームというらしい。)
1階、2階、3階・・・という表示になっている。
ダンジョンへは基本的に何も持たずに入ることになり、そこで武器や防具、様々な効果の有る草や巻物などのアイテムを入手ながら目的地を目指すということになる。
 
っていうものです。
また、ダンジョン内にはお店があって道具を売買できたりします。
それから「HP(ヒットポイント=敵の攻撃に耐えられる数値)」の他に「満腹度(MAX100%)」というパラメータがあり、これは行動しているとどんどん減ってきます。
満腹度がゼロになるとHPが減っていき、回復しないとゲームオーバーとなります。
 
つまり、腹が減っては戦はできぬ、ということですね。
 
ここまでをまとめると、
「毎回地形が変わるダンジョンに丸腰で入ったシレンというお兄ちゃんが村のこどもを助ける話」
ということになります。
 
シレンのアニキ、丸腰は無謀すぎっす・・・
 
シレン 丸腰 フミ 負ける ハンデ丸腰でフミちゃんを救えるんか?(後ろのおじさんは変質者ではありません。)
 

というわけで久しぶりにプレイしてみる!

と前置きが長くなりましたが、そろそろプレイしてみましょう!
・・・と思ったのですが、その前にプレイするルールを決めようと思います。
 
・ルールその1<1日1プレイまで!>
 
・ルールその2<最大5フロア進むかゲームオーバーで終了!>
 
・ルールその3<ゲームは最大1時間まで!>
 
これだけです。
良い子は1日1時間までしかゲームはしたらあかん!というのが僕らの子どもの頃に言われておりました。
今の子どもには絶対無理やろ!と思ったりする。
(わからんけど。)
 
ではでは、今度こそ始めますよ〜!

名前と難易度を決めて、いざ開始!

というわけでようやく始まった風来のシレンプレイ日記。
 
最初にやることは「たびにっき」の名前を決めて、ゲームの難易度を決めることか。
難易度とかあったんや。
全く覚えてないw
 
とりあえず名前はそのまま「シレン」で、難易度は「むずかしい」っと・・・
無謀かな?
まあダメなら後で変更できるはずやし、そのままいこう。
 
たびにっき 難易度 風来のシレン ゲームボーイ最初に日記名(ファイル名のようなもの)と難易度を決める。
 
ちょろちょろっと会話があったけど、このオープニングの会話で「むらおさ」がかなり無気力なおっさんやというのがわかったぞ。
子ども取られた親に向かって「あきらめろ」とか、よー言うたな!
 
むらおさ シレン ゲームボーイ「むらおさ」は反抗する気力が無い。
 
とまあいきり立ったところで何も変わらないので、とりあえずダンジョンへ初出動!
 
降り立ったらそこには懐かしい画面が・・・
すぐ横に敵キャラ「マムル」がいて、アイテムが2つほど画面に映っています。
 
マムル シレン ゲームボーイ画面が見えにくいですが、マムルがシレンの上側にいます。
 
ちなみにマムルとは、ドラクエで言う「スライム」のようなイメージです。
やられキャラですね。(見た目は全然違うけど。)
 
肝心のシレンはやっぱり丸腰で、「おおきいおにぎり」しか持っていません!
やる気あるんかいシレン!!
それともなにか?
「ちょうどいいハンデだぜ」的なやつか!?
自分の実力を過大評価しすぎとちゃうか・・・
 
そんな心が汚れてしまった精神的に大人になった僕は、画面を見つつ様々なことを思いながらゲームを進めるのであった。
 
おにぎり シレン 丸腰 ピクニックピクニック行くのでも、もうちょいマシな物持って行きますよね。
 
で、ひとつ問題が。
このあとマムルと戦って簡単に倒したんですが、戦闘シーンのテンポが速すぎて写真を撮っている暇が無い!
これがスマホゲームとかならスクショをすぐ撮れるんですが、なにせゲームボーイなので本体を机に置いて、片手でスマホを構えつつ進めないといけないのです。
 
上記の写真がやや斜めになっているのは天井のライトが写らないよう努力した結果だと思ってください。
その辺の角度の調整もやらないといけないので、なかなかいい写真を瞬間的に撮るのが難しい。
戦闘シーンも記事に盛り込みたいんやけどなぁ・・・
 
同じ理由でダンジョンに入った時の写真も撮りにくいです。
ダンジョン名と階数が表示されるんやけど、すぐ消える・・・
 
ここら辺は改善点。ちょっと考えます。
 

風来のシレン<月影村の怪物>プレイ日記1のまとめ!

というわけで、ようやく1階に入ったところで今回は終了です。
ほとんどゲームになってねー。
 
とりあえず、ひょんなことから自宅倉庫で発見したゲームボーイ用ソフト、
「不思議のダンジョン 風来のシレン<月影村の怪物>」
のプレイ日記を書いてみましたが、これちゃんと続けていけるのか心配。
 
ドラクエとかポケモンとかの普通のRPGにしとけばよかったかも。
まあ冒頭に書いた通り、飽きたらやめます。
もしくは、忙しくなったら止めるしかないので、やめますw
ってか、実はもう一つ記事にしたいゲームがあるんですよね。
またそれは順番に書いていこうと思いますのでお楽しみに。
 
次回予告!
ついにダンジョンへ降り立った風来坊シレン!
そこで彼を待ち受ける強敵とは!?
乞うご期待!!!
 
それではっ!MAHALO〜♪
 
☆こちらも読まれています☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA