管理人の日々

お金持ちは痩せている?自己管理ができないデブは貧乏?答えは本に書いてあった!(なぜ賢いお金持ちに「デブ」はいないのか? )

「お金持ちになりたい」
そう思う人は世の中にごまんといるでしょう。
 
もちろん僕もその中の一人です。
 
そんな願いを叶えるヒントになるかもしれないということで、今回は田口智隆さんという人の「なぜ賢いお金持ちにデブはいないのか?」という本を読んだ内容をシェアします。
 
なんというか、これ「タイトルで釣ってるやん」的なニオイがプンプンするんですけど、とにかく読んでみました。
 

「お金持ち」と「賢いお金持ち」は違う

まずはいつも通りAmazonから引用して本の紹介をします。
 
自己管理だけで「お金」の出入りはここまで変わる! 
今からおよそ10年前の2005年。500万円の借金を抱えた、あるデブ(著者・田口氏)の体重は90キロを超えていて、実生活は不摂生にまみれていたといいます。
その不摂生を、徹底した「自己管理」によって改善し、同時にお金の勉強を始めたデブは、たった2年で借金を完済。さらにそこから数年後、お金に困らない「お金のストレスフリー」状態にまで到達したとき、かつてのデブの体重は、60キロにまで減っていたといいます――。
「何がなんでも成功したい! 」そんなあなたに贈る、不摂生で、貧乏で、そしてデブだった著者からの心に響くアドバイスの数々。
Amazonより抜粋
 
要するに、「デブだった自分が痩せたことで賢いお金持ちになれた」ということです。
  
ところでこの本ですが、タイトルにもあるように、「賢いお金持ち」という表現をしています。
 
単なるお金持ちとは一線を画しているという意味ですね。
 
今儲けているから、稼いでいるからとお金を湯水のように使うような生活をしていたり、お金のありがたみを忘れた生活をしている人が「普通のお金持ち」。
 
「賢いお金持ち」とは全然違うということですね。
 
では「賢いお金持ち」とはどういう人のことを言うのでしょうか?
 
自己管理 こだわり 成功 痩せる お金持ち本当に賢いお金持ちにデブはいないのか?

賢いお金持ちと正反対の感覚を持つ自分

読んでいて思ったのですが、自分自身はここに書かれている内容と正反対の感覚を持っているというのにとてもげんなりしました。
 
つまり「賢いお金持ち」とは全然違うっていうこと!
確かに現状、全く正反対の位置にいるのは間違いないですが・・・
 
例えば
  • 賢いお金持ちは食べるものでも着るものでも、自分のこだわりを持っている
  • お金を使いっぱなしにせず、必ずリターンを得るように考えて使う(衝動買いなどをしない)
  • 朝食は絶対抜かない
  • ながら間食はしない
など・・・
 
僕は
  • 着るものは多少こだわりあるけど、食べ物の好き嫌いは無いしなんでも良い
  • 衝動買いをすることもある(今はできないからしないだけ?)
  • 朝食は抜くことも多い、というか朝起きるのが遅い
  • スマホ見ながらご飯食べたりお菓子食べたり・・・
と。
 
もちろん本の中にはこれ以外にもたくさんの「賢いお金持ちのこだわり」について書かれているんですが、そのほとんどが僕には無い感覚でした。
 
つまり、僕は「賢いお金持ちにはなれないってこと」なのかーーー!?
 
それは困りますわ。
 

本の中に書かれていることが絶対ではない

当たり前のことなんですが、本に書かれているからってそれが絶対の法則ではないんですよね。
 
なので上記に挙げた一例にしても、それを実践していない賢いお金持ちの人だってたくさんいるはずなんです。
 
決して自分の擁護をするわけではありませんよ!
 
著者は3000人以上のミリオネアと会ってわかったと言っていますが、ミリオネアってきっともっとたくさんいますよね。
 
だからといって、「俺はその3000人以外のミリオネアの方に期待するもんねっ!」って考えて上記のことを気にしなくなったら、それはいかにも負け犬っぽい。
 
なので取り入れられる部分だけはやってみる・試してみるというのがちょうど良い気がします。
 
さっきの例で言えば、
「お金を使いっぱなしにせず、必ずリターンを得るように考えて使う(衝動買いなどをしない)」
とかは今の自分には良い感じだと思う。
 
これについては最近特に思うことです。
使えるお金の絶対値がとても小さい分、「より大事なもの」にそれを投下して、それによって何が得られるかを先に考えるようにしている。
 
例えば本を買うにしても、パンを買うにしても、こうやってブログに書くことを視野に入れておけばそこから得た気づきを他の人にシェアできるし、自分にとっても勉強になることが多い。
 
本についてもこうして記事に認めておけば、さらにそこから何か生まれるかもしれませんよね。
 
本の記事なんかは、この本もそうですが、どちらもブックオフで100〜200円で購入したもの。
 
この価格で得たものから何かを生み出すことができれば、それってコスパ超良くないですか?
 
今までのように、お金が普通にあるときはそこまで考えませんでしたが、現状になって色々と思考を巡らせることができてきています。
 
・・・あれ?
お金がないけど「賢いお金持ちの思考」になってきているんじゃ?
(ほんの一部分だけやけどw)
 
不思議ですね!
 

文章になぜか「イラッ」とする

ところでこの本ですが、文章の書き方になぜか「イラッ」とするんですよね。
 
何ていうのか・・・
 
本なのでその人の考え方や言葉遣いがそのまま出るのは当たり前ですし、僕だってこのブログで書いていることはあくまで「僕の考え」です。
 
その辺はわかっちゃいるんですけど、ずっと読んでいたら、
「いかに自分が賢いお金持ちなのかをアピールする本」
という感じがめっちゃ伝わってくるんですよ。
 
タイトルでもそんなニオイがしていましたが、中身からはもっと濃いニオイがしております。
 
そりゃ借金500万円が2年で完済できて、その後も継続して資産を増やしてお金のストレスフリーが実現できているということですから?
お金持ちなのかもしれませんけど?
 
なんですか?
アッピルですか?
 
アッピル本なんですか???
 
てか、全然羨ましくなんかないし!!!
全然!!!!!
 
 
 
イラっとするのは自分の本質をズバリ言われているからという説もありますが。 
 
自己管理 こだわり 成功 痩せる モテたいこのイラストの感覚はとても理解できるw

お金持ちになりたいならとりあえず痩せよう

今回は「なぜ賢いお金持ちにデブはいないのか?」という本を読んだ感想をシェアしました。
 
読んでる途中から何だかイラッとし始めて、最終的に出た感想が「自分の賢いお金持ちアピール本」というところに落ち着いてしまいましたが、多分、その感想で大体合ってると思います。
 
ですが本の中から得られる知識で使える情報もあるし、もちろんここに書かなかった部分でも共感できるところだってあります。
 
まぁ3000人以上のミリオネアから得た統計が適切な数字なのかそうでないのかは判断しかねます。
 
けどもともと本というのは「全部の情報が正しいもの」というものではなく、「その中から使えるエッセンスを抜き出すもの」ですし、僕もそのように判断しながら読み進めていました。
 
間違いなく言えるのは、著者が自分の賢いお金持ち度合いをアッピルしまくってるってことですけどね!!!!!
 
 
 
とりあえず、痩せよう。
デブはあかん・・・
 
created by Rinker
¥1,404
(2018/8/26 11:02:01時点 Amazon調べ-詳細)

 
あわせて読みたい
お金 使う
お金は使うものであり使わされるものではない。世の中の裏側を考える癖をつけよう。【書評】(お金でバカを見ない人になる36の知恵)ALOHA〜♪ 「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。    今回は「お金でバカを見ない人になる36の知恵」と言う本の書評です。...
 
あわせて読みたい
気になるハワイ 本 山下マヌー 表紙
変化のない毎日の繰り返しで本当につまらない・・・そんな人が読むとためになる本の話。ALOHA〜♪ 「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。   突然ですが、「普段から気になってるけどよくわからないもの」ってありま...
☆こちらも読まれています☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA