クレジットカード、ローン

会社員を辞めてフリーになる前にローンは組める。ただしよく考えてやるべし!

サラリーマン(会社員)とフリーランス(自営業)の大きな違いってなんだと思いますか?

一言で表せないくらいたくさんの違いがありますが、対社会的な部分でいうと、「信用力」というものが挙げられます。

会社勤めをしていると、それだけで信用力が上がります。

そして信用があるということで、住宅ローンなど各種ローンが組めるようになります。(金利など条件にはブレがありますよ)

フリーランスでは、かなり稼いでいてもローンの審査が厳しいと言われています。

この仕組みを逆手にとって、サラリーマンからフリーランスになりたい人はサラリーマン退職前にローンを組むことも可能です。

ですがそのローン契約、少し待ってください!

ここからはサラリーマン退職前にローンを組んで自爆した僕の体験談をお伝えいたします。

  • サラリーマン辞めてフリーランスになりたいな
  • その前にローンを組んでおくほうが得だよね

なんて考えている人がいれば、参考になるはず。

よかったらお読みください。

あわせて読みたい
バーのカウンターと椅子
お店をやりたい人必見。住居と店舗は分けるほうがいいよ![体験談]「いつかサラリーマンを辞めて自分のお店を開きたい」 と考える方は多いと思います。 毎日上司や先輩からパワハラまがいの言動やプレッシャ...

サラリーマンはローンが組みやすい理由

冒頭で触れましたが、サラリーマンってローンが組みやすい。
これは「フリーランス(自営業」の人と比べて」という前提条件付きです。

じゃあ一体なにがフリーランスと違うのか?となりますが、その答えは「会社の後ろ盾があるか無いかの違い」ってことになります。

基本的サラリーマンは会社から毎月決まった給料を受け取ります。
それに加えてボーナスがあったり・・・

この「収入が安定している状態」をローン会社は好むわけです。

ローンの仕組みをざっくり解説

ローン自体の仕組みについても少し。

仮に100万円のAというものがあったとします。
現金で100万円用意できないけど、どうしてもそのAが必要だとすると、ローンが登場します。

100万円の値段自体は変わらないので、ローン会社があなたに代わってお金を支払いAを買ってくれます。
その代わりあなたはローン会社に毎月お金を分割して返していくわけです。
(この時「金利」を上乗せして返す)

毎月お金を返すということは、毎月収入がキチンとあることが前提。

だから毎月のお給料という形で収入があるサラリーマンが好まれるということなんですね。

ひかる
ひかる
フリーランスの場合、毎月相当稼いでいる人でもローンが組めない、なんて話もけっこう耳にしますよ。

フリーランスはローンが組みにくい

反対に、フリーランスの人はローンが組みにくい。
これは上記の「収入が安定した状態」ではないことが最大の理由です。

フリーランスの人は「今月の収入が100万円→翌月は10万円」なんてことはざらにあります。

もちろん業種や運営方針などにもよりますが、基本的に毎月固定収入があるサラリーマンと比べたら、収入が安定していないのは自明の理です。

ローン会社は「たまに爆発的に増える収入」より「毎月の安定的な収入」を好むという事です。

ひかる
ひかる
ローンを返してくれないと困るワケですから。

ローンは組めるけど条件が悪い

補足ですが、フリーランスの人でもローンが全く組めないわけではないんです。
ただ、条件が悪くなるんです。

条件というのは、主に頭金と金利のこと。

収入が安定していない人の場合、例えば住宅や車の購入なら頭金をかなり多くする必要があったり、金利がかなり高い条件でのローン契約になったり・・・

ローン会社からすると、「こんな条件でよかったらお金は貸してあげますよ」という感じ。

かなり足元を見られてますが、どうしてもローンが必要な人ならそれでも契約しますよね。

フリーランスになると、こうした悪条件になることを知っておきましょう。

【体験談】政府系金融機関勤めで信用力抜群だった

ここからは僕の体験談です。

僕は以前、某政府系金融機関に勤めていました。
政府系ということは、要は公務員みたいなもんです。

少なくとも日本において、公務員以上に安定している職業は無いはずです。
当然、ローン会社の審査は簡単におりました。

僕は約10年勤めたその銀行を退職しているのですが、退職する前にやることの1つにローンを組むと決めていました。

フリーランスになったら審査が通らないことを知っていたからです。

そこで住宅、マイカーはもちろん、フリーローン(カードローン)も契約しておいたり、クレジットカードを作っておいたりしました。

フリーローンやクレジットカードは即使うことはないにしても、いざという時のためです。

こうして銀行を退職する頃にはローンまみれになっていました。

ひかる
ひかる
だって先に借りておかないともう借りられないもん・・・

ローンを組むなら返す見通しがないのはだめ

だけどこれ、冷静な状態なら当然わかるんですが、収入の見通しがないのにお金を借りるって無謀すぎますよね。
(だからローン会社は審査をするわけです)

だけど当時の僕は「借りれるうちに借りないと」ということで頭がいっぱいでした。

ひかる
ひかる
だって先に借りておかないともう借りられないもん・・・

そして当時の自分がやりたい事にはかなりのお金が必要だったんです。

僕の頭の中では、

  1. 銀行を辞める
  2. お金を借りる
  3. やりたい事をやる

の順番になっていました。

とにかく「辞める」が先にきてるんですね。

そしてもう「辞める」という1番の目標がすぐそこにあるので精神的に高揚しており、「フリーランス(という名の無職)でお金を借りることの危険性」が見えていなかったんです。

お金を返せる見通しがないのに何千万円という金額を借りたのは、勇気と無謀を履き違えていた事実を物語っています。

キャッシュディスペンサーお金を借りるのはよく考えてからです。

躁うつ病の影響もあった

ただこの時は躁うつ病の影響もあったかもしれません。

銀行を辞める決断をしたのは、まさに僕が躁うつ病のときのことでした。

ひかる
ひかる
よかったら、こちらも読んでみてください。

あわせて読みたい
憂鬱な気分 躁うつ病 双極性障害
双極性障害になる原因の1つはストレス。嫌なことからは逃げてもいいんです。【病気】(躁うつ病)こんにちは!ひかるです。   今回は病気の話です。 実は僕は2012年頃に「双極性障害2型」と診断され、当時働いていた会社を長期休...

今となっては何を言っても言い訳でしかありませんが、躁うつ病の時に病気の原因である会社を辞めると決めたなら、あとは躁(テンションMAX)状態なので何を言っても無駄です。

自分にとって都合の良い情報や考え方ばかりを取り入れ、ただただ突き進むのみ。

そしてそれは破滅への第一歩だったんです。

ひかる
ひかる
この後、何をどうやったのかはまた別の記事にする予定です。

返済計画のない借金は自己破産への一本道

この記事では、サラリーマンを辞める前にローンを組み自爆した自分の体験談について書いてきました。

企業の倒産、終身雇用制度の崩壊や働き方改革による副業の推奨、パワハラやセクハラ、うつ病などの理由で会社を辞めてフリーランス(自営業)で生きていこうとする人は多くなっています。

僕自身は2019年現在、とある企業でサラリーマン生活をしていますが、将来は会社員の立場を捨てて生きていきたいと今でも思ってます。

なのでフリーランスになること自体は大賛成です。

ただ、現在サラリーマンをしている人は勢いで辞めるのではなく、物事を計画的に進めていくべきです。
辞める前の高額なローン契約はもってのほか!
返すアテのない借金の行き着くところは自己破産しかありませんからね。

ひかる
ひかる
自己破産についてはこちらの記事をどうぞ。

あわせて読みたい
自己破産 とは 大阪地方裁判所 債権者集会
30代で自己破産の経験者になったのは私です。失うものもメリットもあるので全て解説いたします!こんにちは!ひかるです。   今回は自己破産とはどんな内容なのかということについて、現在進行中で経験している僕がリアルな目線で書きま...

サラリーマンとフリーランスでは生活も仕事も考え方も全て変わります。

ご利用は計画的に・・・。

あわせて読みたい
詐欺 心理 仕事 警察
人の心理を読み取るのが詐欺師の仕事。「自分だけは大丈夫」と思う心に付け込まれるぞ!今回は僕が被害に合った実例を元に、「詐欺を働く人間、人を騙す意図をもって近づいてくる人間がどういう方法をとり、去っていくのか」についてま...
あわせて読みたい
便利 デビットカード 審査 VISA
自己破産したらデビットカードを持とう。クレジットカードは作れません!今回は「社会的に信用がない人、つまり自己破産している人でも作れるカード」の話をします。   その名も「デビットカード」。   デ...

コメントを残す