投資

株式投資はやってみたもの勝ち!少額でスタートするなら怖くないぞ!(1万円を1年で100万円に!「株式」はじめての人の投資生活)

1万円を1年で100万円に!「株式」はじめての人の投資生活

  • タイトル:1万円を1年で100万円に!「株式」はじめての人の投資生活
  • 著者:JACK
  • 出版社:ぱる出版
  • 発行:2016年12月3日
  • ページ数:176ページ

「1万円を1年で100万円に!「株式」はじめての人の投資生活」とは

「1万円を1年で100万円に!「株式」はじめての人の投資生活」とは、自身も株の投資家(トレーダー)であるJACKさんが著者の株式投資の入門書です。

JACKさんはマネー雑誌で連載を持っていたり、一般公開されている株式投資サイトで銘柄や成績を公表してる有名なトレーダー。

そのJACKさんが株式投資初心者に向けて、

  • 株式投資の考え方
  • 購入する株式銘柄の選び方
  • 購入資金(種銭)の貯め方
  • お金に対するマインド

などについて語っています。

この記事では主に本の前半部分にある「株式投資は少額からスタート」という部分について書いていこうと思います。

株式投資に興味があるけど何をしたらいいかわからない暴落が怖くてどうしても株式の購入に踏み切れないという方は参考になるかと思います。

ひかる
ひかる
僕も実際に株を買った事がないので、勉強と実践のためにこの本を買いました!

白い本の表紙1万円を1年で100万円に!「株式」はじめての人の投資生活

株式は少額からスタートすべし!

「株って儲かるかもしれないけど、大損してお金を失うのが怖い」
そのように考えている方は多いでしょう。

これは実際に株式を購入した事があってもなくても同じだと思います。

誰だって自分が汗水垂らして働いて得たお金を失うのは怖いです。
しかもそれが何万円、何十万円という大金になればなおさら。

けど、豊かな暮らしを目指す、またはもっとお金が欲しいというなら、毎月の給料にプラスできる可能性のある株式投資を諦めることはできません。

そこで提案するのが少額での株式投資

少額なら万が一株価が大きく下がっても受けるダメージは少なくて済みます。

もちろん得られる利益も比例して少なくなりますが、大事なのは「株式投資をスタートさせた」という体験。

株が怖いという方の大半は、いわゆる「食わず嫌い」の方です。

一度株を購入する体験をすることで心理的なハードルが下がり、その後の投資生活に良い影響を与える事になるでしょう。

ひかる
ひかる
一度でも経験したことは、「怖さ」のハードルが下がりますよね。

株の少額取引はいくらから?

それでは、「少額投資」というのはいくらの金額のことをいうのでしょう?

証券会社にもよりますが、最低金額は100円から購入も可能。
100円を捻出できない・・・という人はあまりいないんじゃないでしょうか。

ただし、100円の取引では100円なりの利益しか得ることはできません。
(もちろん、失うものも100円で済むとも言えますが)

また、100円で投資をしても、相場感や『投資をしている臨場感』は経験値として蓄積されにくいでしょう。

そこでJACKさんは10万円以下で株の取引をしてみようと提案されています。

その理由は以下の3つです。

  1. 上場している銘柄の約4割が10万円以下で購入できる
  2. 10万円以下の銘柄は100万円などの銘柄に比べ、株価が2〜3倍になるケースが多い
  3. 暴落しても10万円以下なら耐えられるダメージ

特に2番めの『株価が2〜3倍になる』というのは非常に夢がありますね!

ひかる
ひかる
もちろん、耐えられるダメージといっても相当痛いですけどね・・・

購入する銘柄のポイントは4つ

実際にJACKさんが購入する株式の銘柄を選ぶ際に参考にしているポイントを4つ紹介します。

株初心者の方は以下の4つだけを守って、機械的に購入していくのも1つの戦略と言えるのではないでしょうか。
(僕自身を含め)

  1. 1名柄10万円以内で買える
  2. 業績がいい(経常利益が上向きがベスト)
  3. 配当がある(3%以上がベスト)
  4. 株主優待がある(自己消費がベスト)

① 1名柄10万円以内で買える

1番は先ほど解説した通りの理由ですね。
株先投資の食わず嫌い克服のためと、値上がり益も狙える等の理由です。

② 業績がいい

2番ですが、業績が悪くて先行き不透明な企業より、業績好調な企業を選ぶのは当然と言えるでしょう。

③ 配当がある

3番は、みんな大好きな配当についてのこと。
配当というのは、持っている株数に応じたお金をもらえる仕組みのことですね。

どんな株でも配当を貰えると思いがちですが、無配当株ももちろんあるんです。

配当を受け取ることで、「株式投資をしている!」という臨場感も味わえます。

④ 株主優待がある

4番めの株主優待とは、配当と違ってその企業が提供するモノやサービスを貰える仕組みのこと。

これも株式投資の大きな旨みの1つですね。

これは余談ですが、中には株主優待を毎月のように貰い、それをうまく使って生活を送っている株主優待マニアと呼ばれる方もいるそうです。

株の暴落に対するJACK流の考え方

株式投資をしている人も、これからやりたい人も、1番怖いのは株の暴落
いわゆる「買った株が紙切れになる」という状況でしょう。

誰だって自分が出したお金が目減りするのは嫌なものですよね。

過去幾度となく起こっている『〇〇ショック』では、株価が大きく下落し、多くの方が資産を失いました。

今後も何年かに一度は『〇〇ショック』が起こるはずです。
(2019年3月現在では、【新型コロナウイルス】による世界経済への影響が大きく出ていますね)

こうしたときに、著者であるJACKさんはこう考えるそうです。

【自分の保有している株価が下がるのは他の企業が下がっているから「つられて」下がっているだけだ】
・・・と。

下がっているときに株を買い増しすれば、元々保有している株なら全体として割安になり、利回りは上がるというわけです。

反対に、株が暴落するからと焦って売ってしまうと大きく資産を減らしてしまう結果になります。

こういう行動を『狼狽売り(ろうばいうり)』といいます。
株価が値下がりを続けるのをみていると焦る気持ちはわかりますが、ピンチの時ほど落ち着いて判断しないといけませんね。

ひかる
ひかる
暴落のときに買い増しできる資金を常に準備しておかないといけませんね!

初心者は達人の真似から始めるべし

  • まずは株式投資の食わず嫌いを克服
  • 10万円以下で株が買える
  • 暴落しても慌てない

・・・などと言っても、やはり株式投資の初心者の方はどんな株を買えばいいのかわからないですよね。
そんなときはすでに株式投資を上手くやっている「達人」の真似から始めてみてはいかがでしょうか。

JACKさんが「コバンザメ戦法」と呼んでいるこの手法は、一定の勝率をキープできているとのこと。

問題は「誰のコバンザメになるか」ですが、これは「全日本株式投資選手権 選抜株式レース」というサイトを参考にし、その出場トレーダーの戦略に乗る・・・というわけです。

このサイトはタイトル通り、株式投資の成績を競うレース。
ここでは出場している有名トレーダーが、実際に購入した株の成績を競うことを目的としています。

中にはポジショントーク(要するに、「フリ」です)もありますが、初心者はかなり参考になるのではないでしょうか。

すでに実績を上げているトレーダーの真似をして、株式投資を楽に始めてみましょう。

「1万円を1年で100万円に!「株式」はじめての人の投資生活」SNS上の反応

「1万円を1年で100万円に!「株式」はじめての人の投資生活」のSNS上の反応を見てみました。

まとめ:初心者はつべこべ言わずに株を買おう!

今回は「1万円を1年で100万円に!「株式」はじめての人の投資生活」という本について書いてきました。

この本の主題となるポイントはたったの1つ。

株式投資初心者はとにかく株を買ってみよう

と、これだけです。

もちろん、

  • 全く株の知識がない
  • どこで買えるのかわからない
  • 購入の仕方もわからない

というのは困り物ですが、悩んで考えているよりスタートする事で見えてくる世界があるんですね。

そこを起点として、株に関する様々な情報を得て、投資経験を積む方がいいという事です。

ちなみに著書内では株式投資のスタートとしてネット証券をおすすめしているんですが、僕は数あるネット証券の中でも「SBIネオモバイル証券」を使ったらいいと思います。

SBIネオモバイル証券なら株式が100円から購入可能で、しかも毎月定期的に積み立てていくことも可能です。

詳しくは公式サイト内を確認していただきたいのですが、「株式投資は少額からスタートする」という今回の話とマッチしていますよね。

未来を生きる資産を作るために、株式投資を初めていきましょう♪

→SBIネオモバイル証券で口座開設してみる(無料です)

ひかる
ひかる
この記事では触れませんでしたが、本の後半は株式投資の種銭を貯めるための節約・貯蓄方法について書かれていますよ。

倒れた木の上を歩く人
【TYM】失敗なんてない!とりあえずやってみる。始められたことが成功なんだよ。口にしたことは絶対に成功させないといけない! ・・・な〜んて思ってませんか? そう考えてしまって身動きできずにいる人は、一度肩の力を抜いてください。 そんな堅苦しく考えなくても大丈夫なんです。 この記事は「何かをやるなら絶対に成功させないといけない」なんて考えている真面目なあなたに読んでほしいのです。...
貯められる人は、超シンプル
お金を貯めたいなら、生活を整えるところから実践しよう(貯められる人は、超シンプル:横山光昭著)著者は「家計再生コンサルタント」である横山光昭さん。 僕が横山さんを知ったのはこの本が初めてだったのですが、お金に関する多くの本を書かれています。 この本では、 「一時的にお金を貯める方法ではなく、根本的にお金が貯まる生活体質に変える方法」 を、実際に横山さんに相談に来られた2人を例にして解説されています。...
本のタイトルと赤色の表紙
『ただ文字を目で追っただけ』の読書から脱出!意味のある本の読み方を学ぼう!(本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール)読書に触れることなく過ごしてきた人は、そもそもどんな本を読めばいいのか分からないと思います。 また、普段から読書をしている人ですら、読んだ本の内容を忘れていたり、感想をうまく表現できないもの。 「本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール」には、こうした「ただ文字を目で追っただけ」の状態から脱出する方法についても詳しく書かれています。...

コメントを残す