ハワイ移住について

僕が夢を見つけた時の体験談を語ります。知ってる事の延長より新しい挑戦が大事じゃないかな。

ALOHA〜♪
「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。
 
 
ワイキキ ハワイ 夢 叶えるワイキキのDFSギャラリア(現在のTギャラリア)の道路向かいより。
 
この記事では僕自身の持つ「夢」がどのようにして見つかったか。
そのきっかけについて語るとともに、夢が見つからないという人がどうすればそれを発見できるのかということを体験談から答えを導き出して書いています。
 
もしあなたに夢と語れるものがないのであれば、夢を持つきっかけになる一助になればと思います。
 
また、すでに大きな夢を持っている方には共感できる部分があれば嬉しいです。
 

将来の夢なんて何もなかった人生

夢のことを語る記事ですが、僕自身はまともに「夢」と呼べるものを全く持っていませんでした。
将来の夢どころか、「明日なにしようかな〜?」ということすら考えていない人生でした。
 
それまでの人生の中で唯一「夢」らしきものを表現したといえば、小学校の卒業文集のときくらい。
その時ですら、頭の中を絞りに絞って出したものが「ゲーム会社で働く」というくらいのもの。
 
今でこそ様々な職業や働き方を知っているつもりですが、当時僕の頭にあった「仕事」というのは父や祖父が自営で行なっている仕事か、自分が好きで毎日ハマってたファミコンを作っている会社(任天堂など)くらい。
 
子どもの頃の自分では父と同じ仕事はできない(当たり前ですね)ので、ゲーム会社ならファミコンばかりやっていれば仕事になる・・・そう思っていたのかもしれません。
 
今ではゲーム会社各社もかなりの人気企業が多く、ゲームそのものは好きでも就職しようというのはちょっと難しいでしょうね。
 
その後順調に成長し、ある会社に就職することになっても、夢というものを持つ機会というのは一向に訪れませんでした。
 
「まぁ毎日がそれなりに楽しければいいかな〜」というくらいのものです。
今を謳歌する若者・・・よくある話ですよね。
 

夢を持つ機会は突如目の前に舞い降りる

そんないわゆる「普通の人生」を送っていたんですが、夢っていうのは突如目の前に舞い降りてくるようです。
 
僕の場合のそれは「結婚」でした。
結婚式をハワイで行なったことが夢を持つきっかけになりました。
 
僕はもともと結婚式にも海外にも特に興味はなかったのですが、逆に妻は海外に強い憧れを持っていたそうです。
めんどくさいなぁと思いつつも、相手がしたいといっている以上は断るわけにもいかず、願っていた通りに実行しました。
(結婚式&ハネムーンを兼ねてハワイへ旅行。)
 

強い衝撃というのは人生を変えることがある

初めて訪れた異国の地は僕の世界観を変えるには十分過ぎました。
「そこ」は僕の今まで生きてきた場所とは全く違ったからです。
 
空気、建物、人、自然、文化。
その全てが、僕にとても強い衝撃を与えました。
 
特にイメージと違っていたのは気候です。 
南の島というとただ暑いだけの場所なのかと思っていましたが、実際は貿易風の影響でとても涼しくてカラッとしています。
 
ハワイ 海 自然 夢 移住経験したことのないものや出来事ばかりでした。
 
「こんな素晴らしい場所があるのか」というのを知ると同時に、「ここで暮らせたらどれほど素敵だろうか」と思うようになりました。
 
この時僕の中に夢が生まれました。
瞬間のことですが、はっきり覚えています。
 
「ハワイに移住する」
 
言葉にするとたったこれだけの文字数ですが、この夢の難しさは今後いやという程思い知ることになります。
(その話はまた別のところで!)
 
これは後で思ったことですが、あまりにも強い衝撃というのは人生を変えることになるんだなって気づきました。
 

夢と目標の違いって?

何かのテレビ番組で見たのですが、「夢と目標の違い」を語っているタレントさんがいました。
 
その方も先輩に聞いたと言っていましたが、曰く、
  • 夢は叶いそうで叶わないかもしれない、ギリギリのところにあるもの
  • 目標は努力次第で叶えられる現実的なもの
だそうです。
 
このとおりだとすると、僕の「夢」であるハワイ移住は叶わないかもしれないということになります。
 
それはちょっ・・・・と困りますねw
叶ってもらわないと!って感じです。
 
かと言って「目標」と言ってしまうとどうも軽い感じに聞こえてしまうのも否めないです。
(目標という言葉を使う人を否定しているわけではありません。念のため。)
 
しかし、このハワイ移住という夢はかなりハードルの高いものであるのは間違いないでしょう。
だからといって、そのハードルの高さを知ったからやっぱやめた!とは言えないのが、「夢」というものなのでしょうね。
 

夢を持つきっかけ

この記事では僕が夢を持つきっかけになったことを書いていますが、僕は今までに夢を持ちたいと思って取った行動は一つもなく、むしろ自然にその瞬間が訪れたという感じです。
ただそのきっかけになったのは、今までの人生観を覆すほどの衝撃だったのは間違いないでしょう。
 
僕にとってのそれは、「ハワイへの旅行」ということだったにすぎません。
 
もし「今の自分には夢がない」と悩んでいる方がいましたら、僕からは「そこで悩むよりも何か行動する時間を作ったほうがいい!」というようなアドバイスができると思います。
 
とは言っても、何となく日々を過ごしていてそれを疑問に思うことがないのであれば、それはそれでいいと思います。
 
いわゆる普通の人生を送ることは素晴らしいことです。
 
現代というのは情報に溢れ、何が正しく何が間違っているのかもわからない時代、普通であるのも難しい時代です。
その時代で生きているあなたは、堂々と振る舞っていいんです。
 
しかし、もし「夢がないこと」や「どうやって夢を探せばいいのか」ということ自体を悩んでいるというのであれば、何でもいいので体験したことのないことにチャレンジするというのをオススメします。
 
僕も含めたほとんどの人は、今まで続けていることの延長に見えているのはきっと「夢」よりも「目標」と表現するほうが近いイメージの気がします。
それよりも、今までに経験したことのないものの中にこそ、夢は隠れているんじゃないかなって。
 
だから自分の知らない事を経験し、行ったことのない土地に行き、色々やっていく中で生まれるのが「夢」なのではないかなと思う次第です。
 
僕の場合のハワイ旅行は、まさに未経験のことでしたからね!
 

まとめ

残念ながらこの夢はまだ叶っていません。
それどころか悪い意味で人生を変えた大きな出来事のせいで、この時よりも遠い位置に下がってしまっている現状です。
 
しかしこのブログを続けて行くことが、僕の持つ夢に近づくための一つの方法だと信じています。
 
一度決めた夢を叶えるためには、信じたものを継続していくのみ。
 
もちろん微調整は必要でしょう。
場合によっては大きく舵を切る必要が出てくることもあるかもしれません。
しかし信じたものを自分の中心に据え置いておけば、ブレることも少なくなってくるのではないでしょうか。 
 
このブログは日記的な側面も強い部分がありますが、もしよかったら今後も応援していただけるとすごく嬉しいです!
また、ご意見やご感想などもお待ちしていますので、宜しくお願いします!
 
ということで今回の記事は、僕が夢を持つに至ったきっかけを例に、夢が無い人はどうすれば夢を見つけられるのかを書いてみました。
 
僕自身、これからもたくさんの新しい事を経験してみたいと考えています!
その経験はまたこのブログでシェアしていきますね〜。
 
 
それではっ!MAHALO〜♪
 
☆こちらも読まれています☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA