わざと1秒遅らせて、自分の運命を変える。悪い流れを脱するヒントになった兄貴の話。【日記】

よかったら記事のいいね!やシェアをお願いします(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4
ALOHA〜♪
「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。
 
今日はある人の考えに「ほ〜」と感心したことがあったので、それを書いてシェアしたいと思います。
 
今までの僕の中には全くない考え方でした。
 
それは「わざと1秒遅らせる」という考え方。
 
なんのこっちゃ?と思われるでしょうが、お時間あれば読んでいってください。
 

全てはタイミング次第

その人は数年前、とあることでお世話になって以来交友関係を続けてくださっている方で、僕より少し年上の男性です。
 
今はまあ「飲み友達」というところでしょうか。
(友達というか、毎回ほぼ全額おごってくれますがw)
 
僕はその人のことを親しみを込めて「兄貴」と呼んでいるので、ここから先は「兄貴」という事で書いていこうと思います。
 
で、その兄貴が言うには「たまに、自分でわざと1秒遅らせて行動することがあるねん。」とのこと。
 
どういうことかと言うと、例えば自転車に乗って出発するとき、普段ならサドルにまたがって「さ〜行こう」となるところを、
サドルにまたがった時点で一呼吸置いて、それから「さ〜行こう」とするらしいです。
 
他にも自動販売機でドリンクを買うときに、ボタンを押す直前で一呼吸置いてから押すとか、
他のことでも何でもいいので、とにかく意図的にタイミングをずらすことがあるそうです。
 
兄貴が言うには
「全てのことはタイミングで決まっていて、悪い流れの時はそのタイミングの全てが悪い部分で当たってしまう。
それを意図的に1秒ずらすことで自分の人生をコントロールしたことになり、悪い流れを変えられるかもしれないから。」
ということです。
 
兄貴かっこいいっす。 

その時その場にいなければ遭遇しなかったこと

よく「1秒早ければその事故には遭わなかったのに」とか、「1秒タイミングが遅れていればあの人には会わなかった」とか言いますよね。
 
そういうことの積み重ねで、人生はできていくと。
 
で、悪い流れの時って、本当に何をしても全然うまくいかない時もありますね?
 
少なくとも僕はそういう経験を何度もしています。
(もちろんその逆で、良い流れの時は何をしてもうまくいく時もありますが!)
 
で、そういうときって、とにかく普段通りに行動して、その悪い流れが去るのをひたすら待つということをしていました。
 
おそらくほとんどの人が同じ感じだと思います。
他には、神頼みをして悪い流れが去るのを祈る人もいるでしょうし、
そういう時は全く何もしなくて動かないという人もいると耳にしたことがあります。
 
しかし、わざと自分で時間をずらすことで自分の運命を変えようとする人がいるとは思いもしませんでした。
 

考え方次第

まぁこれも考え方次第だというのは理解しています。
 
悪い流れの時に自分でとった行動も、その悪い流れの中で考えたものである以上、
良くない結果になっているということももちろんあるでしょう。
 
それに、1秒ずらしたところで何が変わるもんかと考える人だっているでしょう。
 
1秒ずらしたから良いことに当たる運命を変えてしまったと解釈する人もいるかもしれません。
 
ただ兄貴はそれを「自分でコントロールして運命を動かした」と解釈していて、実際にそれで良い流れに引き戻したことも何度もあるそうです。
 
僕なんかは思い込みが激しいので、悪い時は本当にダメダメで、何をやってもうまくいかない。
それどころか、普段できていることすらできなくなる・・・なんてこともしょっちゅうです。
 
そういう時は「こういうもんやな・・・」とヤケになってイライラすることも多かったのですが、「よし、いっちょ自分でコントロールしてやるか!」と考えることができれば、
自分の人生や運命というものに対するアプローチの仕方が変わるかもなって思いました。
 
運命 変える ヒント 悪い流れ

悪い運命を自分の力で変えられるかも!?

守るべき時間はキッチリ守る

・・・と言っても、守るべき時間をずらすことのないように。
仕事だったり、誰かとの約束だったり、そういう厳守する時間をずらしてまで運命をコントロールしようとしないことです。
 
ずらすのは、あくまで自分が普段とっている何気ない行動の中でです。
 
自分の都合だけで相手との約束をずらしてまで運命を変えようとすると、結局痛いしっぺ返しがきますからねー。
 

まとめ

今回はお世話になっている兄貴の話がとても刺さったので、ブログの記事にしてシェアしてみました。
 
「運命は決まっていると思われがちだけど、自分でコントロールして変えることもできるねんで。」
そんな内容の話です。
 
流れが悪い時、落ちる時はとことん落ちるもんだとばかり考えてましたが、
世の中にはこういう考え方もあるんやな〜と、とても良い発見ができました。
 
もちろん自分がこういった行動を取れるかどうかはまだわかりません。
 
どちらかというと僕はその逆で、「もっと早くしないと」「遅れた分は取り戻さないと」という考え方。
 
これを兄貴に話すと、
「ジブンあほやな〜、そんなんしてもどうにもならへんって!
間に合わんもんは間に合わんし、そこで無茶してもどうしようもないで。
時間にコントロールされてるで。
と言われましたw
 
たしかに「〜〜しないと」というのは、コントロールしているのではなくて、『されている側』の考え方ですね。
 
考え方の根本から変えないといけないのですぐには難しいですが、またこういう流れが来た時の心構えとして覚えておきたいと思います。
 

ちなみに

この話をしていたのは、日曜日の真昼間。
とあるたこ焼き屋さんをハシゴしてのことでした。
 
運命 変える ヒント 語る

昼間っからたこ焼きとビールで語る!

 
 
 
 
運命 変える ヒント 酒

2軒目。アツく語りすぎてだいぶ酔ってましたw

 
 
めっちゃ暑い日でしたw
そんな中、たこ焼きとビールで語る男二人w
 
いろんな意味で「アツイ」話をしていたら、結構酔っ払いましたね。
 
昼過ぎに帰宅して爆睡しましたわw
 
・・・飲みすぎた日曜日でした。
 
ということで、今回は時間・運命をコントロールするという考え方の話でした。
 
それではっ!MAHALO〜♪
 
スポンサーリンク




よかったら記事のいいね!やシェアをお願いします(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログのフォローはこちらから!

スポンサーリンク