足がパンパンで超だるいという人こそ、コスパの良い解決方法を知っておくべし!

記事のいいね!やシェアをお願いします(^^)

ALOHA〜♪
「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。
 
僕は現在、日々の仕事でめっちゃ足を酷使していて、ふくらはぎや太ももがパンパンになっております。
お風呂で足を揉みながら、「だるすぎてやってられん・・・」と毎日うなってます。
 
この悩みをどうにか解決できんものかと日々考えていたのですが、その方法があったので今回シェアしてみます。
 
この記事では、
「日々の家事やお仕事で足が超絶だるい人ができるだけ低コストで問題解決できる方法」
を解説写真付きでお伝えします。
 
同じ悩みを持っている人の役に立てば嬉しいです!
 

足がだるいのはインソールで解決

早速ですが、足がだるいのはインソールを換えることで解決してみましょう。
 
インソール・・・つまり、「靴の中敷き(なかじき)」です。
 
今回なぜインソールを換えようと思ったのかをまずはご説明します。
 

良い靴を履くと足の疲れがマシになる

当たり前のことですが、靴の良し悪しで足の疲れは全然違います。
 
僕は過去に300円均一のお店で販売されていたシューズを履いていたことがあったんですが、靴底はペラペラで、地面の衝撃がダイレクトに足に伝わってくるようなものでした。
小石を踏んだら石の形が足裏に伝わるような感じです・・・。
 
見た目はコンバースっぽくて可愛かったんですが、中身がスカスカだったってことですね。
 
そんな靴はすぐに処分することになったのですが、それ以後もファストファッションのお店などであまりに安い靴を買うと同じような目に遭ってしまっています。
よく言う「安物買いの銭失い」というやつですね。
 
安い 靴 性能 悪い

見た目は良いけど中身はダメな場合もあるんですよね。

 
また、利用するシーンによっても靴による疲労は違いますよね。
 
スポーツする場面でビジネスシューズを履いていても、やはり足に負担がかかりますし、体に良いことなんてありません。
(その前に普通に怪我しそうですが)
 
それから、どんなに良い靴でも毎日使っていては靴にダメージが溜まりやすく、すぐに傷んでしまいます。
なので何足か(できれば3足以上)準備しておいて、毎日履き替えるほうがいいらしいんです。
 
まとめると、「その場面に適合した」「良い靴」を「複数足」買いそろえておくのがベストな方法ってことになります。
 

高い靴をたくさん買えますか?

・・・とはいっても、そんなに良い条件の靴を何足も買いそろえておくことってできますか?
 
1〜2足くらいは買えるかもしれませんが、3足、4足と購入しておくのは難しいでしょう。
しかも「仕事のためだけ」など限定した場面のためにそれだけの数の靴を用意するのもコストがかかりすぎますよね。
 
結論としては、高い靴はたくさん買えないってことになります・・・
 

インソールは安価で効果大

そこで登場するのがインソールです。
 
インソールは靴を1足購入するのに比べるとはるかに安価で効果を見込めます。
効果というのは疲れを軽減したり、運動によるパフォーマンスを上げたり、姿勢を良くするといったもの。
また、一般的なスニーカーなどはコストの関係でインソールにあまり良いものが使われていないものも多いそう。
 
こういったことから、インソールを交換してみればいいんじゃないかなと思ったんですよ。
実際かなり以前のことですが、ある人に「これ良いよ」ってインソールをプレゼントしていただいたことがあったんです。
当時も立ち仕事で足が痛かったんですが、かなり痛みや疲れが軽減されていました。
 
そのインソールはもうボロボロになったので処分していますが、当時のことを思い出して、今回購入に至ったというわけです。
 

高価なインソールは必要ない

もちろんインソールの価格や効果もピンキリで色々あります。 
ですが、僕は最初から高価なインソールは必要ないと思っています。
 
具体的な理由は2つあって、それは
  1. 本当に効果が出るのかを確かめたいから
  2. 元々のインソールは良くないものだから
という考え方からです。
 
1番目についてですが、インソールを換えると良いとはいえ、本当にどのくらいの効果があるのかは確かめてみないとわからないもの。
 
なので最初は「お試し」ということで、お値段は抑えておきたいからです。
 
2番目についてはさっきも書いたように、元々入っているインソールはあまり良いものではないという事。
なので少しでも良いものと交換すればそれだけでかなり状態が良くなると思われるからです。
 
それに元々履いていた靴ですから、すでにインソール自体がかなり傷んでいるかもしれません。
そこを新品と交換すれば、すぐに良い状態になりそうですよね。
(マイナスだったものがプラスになるイメージ)
 
なので少なくとも最初の段階では高価なインソールは必要ないと思います。
もちろん高価なものを購入しても良いとは思いますが、そもそもお金をかけないというテーマなのでコスパを重視ですよ!
 
コスパ重視 お金 大事

出来るだけお金をかけないのも大事なテーマ。


 

BMZはお試し1000円パックがおすすめ

 



 
購入した理由は多数のアスリートと契約している事実と、自衛隊でも使われているという実績があるメーカーだからということ。
 
そしてこちらが大事なのですが、そんな実績のあるBMZには「お試しダブルパック」が1000円で購入できるというコスパの良さがあるからです。
 
実際に購入して到着したものがこちら写真のものです。
 
BMZ ヤマト運輸 外装

こちら実際に注文して届いたもの。

 
 
 
インソール お試し 2種類

中身はこんな感じ。2種類の違うインソールが入ってます。

 
 
 
インソール 初心者 初めて

1枚目写真左側のインソール。最初はこちらを使うといいそうです。

 
 
 
インソール BMZ 出っ張り

右側のもの。分かりにくいですが、文字の上部分に出っ張りがあります。

 
中には2種類の造りの違うインソールが入っています。
今回はこのうち1つを普段使用しているシューズにセットしてみました。
 
インソール 説明書 BMZ

ちゃんと使い方の説明書もついてますよ。

 

BMZのインソールセットの手順

ここからは実際に購入したBMZのインソールをセットする手順を画像付きで解説いたします。
 
手順が正しいかはわかりませんが、ちゃんと入ったので合ってるはず・・・!
 
インソール セット 手順

今回は左側のインソールをセットしてみます。

 
 
 
インソール 裏側 赤い

裏側はこんな感じです。真っ赤!

 
まずは元々入っているインソールを取り出します。
この靴自体はスポーツ用品店でランニング用に販売されていたものなので、安価ながらそこそこ良さそうなインソールが入っていました。
汚い画像ですみません
 
インソール 取り出す 傷みがある

元のインソールを取り出したところ。

 
これは約1年前に購入したものですが、ランニングはもちろん、半年ちょっと勤めていたアルバイトの間や今の仕事にも履いているので、やはりかなり傷んでます。
 
特に足の親指付近の部分はかなり踏み込んでいるのか、痛みが激しいですね。
 
最初の頃はクッション性もそこそこ良いなと思ってたのですが、最近は足が痛くってやってられない状態でした。
 
インソール 比べる

新旧のインソールを並べてみました。

 
こうして比べてみると、ぱっと見の厚みは元々のインソールの方があるように見えますよね!?
(実際はかなりスカスカな状態になっていて、クッション性をあまり感じられなくなってしまっています。)
 

BMZのインソールを靴の形に合わせてカット

お次は元々のインソールを使って、新しいインソールの大きさを合わせます。
 
こちらのアイテムは元々26.5〜27.5cm用になっており、このままだと大きすぎて靴にセットできません。
 
これを元のインソールを型紙代わりにして大きさを合わせてカットします。
 
インソール ライン サイズ カット

もともとこのようにサイズに合わせてラインが入ってます。

 
 
 
インソール 型紙代わり 重ねる

2つ重ねて型紙の代わりにします。

 
 
 
インソール ライン 書き込む

ペンでラインを入れるとこのようになりますね。

 
 
 
インソール ライン 書き込む 両足

同じ手順で2枚ともにラインを入れます。

 
 
 
2枚ともできたら、ラインを入れた部分をハサミでカットします。
普通のハサミで十分切れるので安心ですね。
 
ここでは切りすぎに注意です。
 
元のインソールの型に合わせているので基本的には問題ないですが、ペンでラインを入れるときに思ったより内側に書き込んでしまっているかもしれません。
 
僕の場合は大丈夫でしたが、気になる人はラインより少し外側をカットすれば安心ですね。
 
もし大きすぎたら改めてカットし直せばいいので!
 
インソール カット 大きめ

カットしていきます。(心配な方は大きめにカット)

 
 
 
インソール カット BMZ

切り終わるとこんな感じ♪

 
  
 
インソール 0.5cm カット

ほぼ0.5cmの幅でカットできていまいした。

 
2枚とも上手くカットできたら靴にセットしてみましょう!
 
ややキツイくらいになっているかもしれませんが、手を入れて奥からセットしていき、最後にかかと部分を押し入れれば完成です。
 
インソール 生まれ変わる 新品

これで完成!良い感じに生まれ変わりました♪

 
これで今までの靴が生まれ変わりました♪
ここまでの所要時間は約10分。
超簡単でしたね♪
 
セットした靴は念のため足を入れて履き心地を確認してみてくださいね。
 

まとめ

という事で、今回は「足のだるさをマシにするにはインソールを交換するといいんじゃない?」という内容で記事を書いてみました。
 
まとめますと、
  • 足の疲れを無くすには、利用するシーンに合った良い靴を複数個揃えるのがベスト
  • だけど現実問題、お金がかかりすぎて難しい
  • それならインソールを交換して問題解決しよう!
  • 交換の手順も解説するよ
という内容でした。
 
まだ購入して間がないので実際に使用感をレビューするのは後日になりますが、少なくとも今までのインソールよりは良い状態になっているのは間違いありません。
※以下に追記しています!
 
普段の家事やお仕事で立ちっぱなしになっている人は、一度靴の「中」を変えてみるということを検討してみてください♪
その方が靴をたくさん買い揃えるよりはるかにコスパが良く、しかもお気に入りの靴を長く使えてお財布にも体にも心にも優しいですよ。
 

追記:BMZのインソール交換後は足が楽になりました♪

追記です。
 
この記事を書いた時はまだインソール交換直後だったのですが、それから数週間経った現在、足がかなり楽になっています♪
 
交換する前までは毎日足がだるく、ふくらはぎや腰のあたりをお風呂に入った時に必ず揉んでいました。
しかし交換後はほとんどそういう日がなくなり、かなり体が楽になったのを実感しています。
 
もちろん個人差や元々の靴(インソール)の性能の違いもあるので全ての人に同じ効果があるとは言いませんが、少なくとも僕自身はかなり好影響を受けています。
 
もし「失敗したら嫌だな〜」と思っている人こそ、今回のように高機能のインソールが安価で手に入るお店で一度試してみてもらいただくといいのではないでしょうか!
 
今回インソールを購入したのはこちらのお店です。
 

 
※「お試しダブルパック1000円」というのがありますが、実際は会員登録して購入すると300円分のポイントがすぐに使えるので700円になります♪
 
BMZ 300ポイント 会員登録

赤枠の部分2カ所に注目です。

 
当然ですが、こうして体のことを気遣うのは自己投資の一つです。
 
自己投資の大事さについては「昼食の内容で気がついた、貧乏な人と裕福な人の格差が広がるたった1つの理由。」という記事でも書いていますので、よかったら続けてお読みください。
 
昼食の内容で気がついた、貧乏な人と裕福な人の格差が広がるたった1つの理由。
昼食の内容で気がついた、貧乏な人と裕福な人の格差が広がるたった1つの理由。
こんにちは!ひかるです。   この記事では「貧乏な人と裕福な人の格差は広がる」ということにフォーカスして考えてみました。   これは...
 
 
それではっ!
MAHALO〜♪
スポンサーリンク

記事のいいね!やシェアをお願いします(^^)

ブログのフォローはこちらから!

スポンサーリンク