ハワイ旅行をする時に気をつけることまとめ!日本とは違うことを認識すべし。【防犯】

よかったら記事のいいね!やシェアをお願いします(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4
ALOHA〜♪
「ハワイ移住したいブロガー」ひかるです。
 
今回はハワイへ旅行した際に気をつけることをまとめています。
  
ハワイは世界中から多くの観光客が訪れ、賑わっています。
間違いなく楽しい場所・素晴らしい場所だと言えるのですが、だからと言って完全に安全安心な場所かというとそれはまた違います。
 
楽しい思い出を作るためにも、先に気をつける方がいいことを押さえておきましょう。
書いてるとめっちゃ長くなったので、目次見て気になる部分があったら読んでいただきたいです。
 
 

日本と比べて外国は安全なのか?

まず最初に認識しておくことは、ハワイは安全な場所なのかどうかということ。
これは主に「日本と比べてどうなのか」ということになりますが、さて、どうなんでしょう。
 
何を持って安全とするかどうかによりますが、やっぱり日本は相当安全な国なんだと思います。
詳しくは後述しますが、深夜に女の子が一人で出歩いていてもそれなりに何とかなると思います。
 
その土地に慣れているかどうかもありますけど、ハワイと言えどもそこは外国。
不用意に夜の外出は控えたいものです。
 
ハワイ旅行 気をつける 夜

日が暮れてきたら少し用心し始めましょう。

ハワイは全米一安全な州?

とはいえハワイは全米で一番安全な州と言えます。
それは殺人などの重犯罪の発生率がアメリカで一番低い数字になっているからです。
銃による殺人事件なども同様に最も低い数字ですので、その意味では全米一安全であることは間違いないでしょう。
 
ただしどんな犯罪も無いというわけではもちろんなく、スリ・窃盗などの軽犯罪の発生率はアメリカ国内でもかなりワーストに近い位置にあります。
 
また、レイプなどの暴行事件の発生率もそこそこあり、そういうデータからも深夜の一人歩きなどはあまりオススメできません。
 
ワイキキの中心部ではあちこちで「声かけ」しているのをよく見かけます。
(別名「キャッチ」またの名を「ナンパ」ともいう。)
 
飲食店や遊ぶお店の勧誘の人も多いですが、そんなの関係ない一般の人も声かけをやっています。
 
ターゲットはもっぱら日本人の女の子。
なぜかって?
日本人の女の子は海外の人から見たらとても可愛いという理由と、「バカ」だと思われているからです。(実話)
  • 外国人に声かけされたらホイホイついてくる
  • 自分の国の安全さに平和ボケしている、危険な目に遭ったことがない、危機管理能力が低い
  • お金持ちだから
そんなふうに思われているそうです。
 
少なくともご自身の英会話レベルがネイティブスピーカーくらいであって、相手が何を言ってるかをちゃんと理解できているのが最低条件。
だけど「英会話ができるからついて行っても大丈夫」なんてことは全く関係ありません。
 
あなたがどんなに腕っ節が強くても、相手が複数人であったり銃などの凶器を持っているような輩だったりしたら、その強さは関係なくなりますよね。
 
ここは平和な日本の暮らし慣れた街ではなくて、海外のいち都市であることをしっかり理解しておきましょう。
 
また、上記は女性はもちろんですが、男性も同様です。
 
ハワイ州はゲイを始めとした性の自由を認める州ですから、街中にはその手のアニキもけっこういらっしゃるようです。
アニキの店もたくさんあるし。
 
彼(彼女?)たちはかなりマジですから、僕のような白い肌の可愛いメンズは無防備な格好で歩けませんね!
 
ちなみに今のところそのような被害にはあっておりませんので悪しからず。
(注:一応断っておくと、僕自身はLGBTについての偏見はありません。
いろいろあって良いんじゃないのって感じです。
ただ単に僕の恋愛対象は女性というだけです。
注終わり!)
 

犯罪に合わないための対策は?

それではスリや窃盗などの犯罪被害に合わないようにするには、どういう方法があるのでしょうか。
もちろん完璧な方法はないと思いますが、思い当たる方法が幾つかありますので、参考にしてください。
 

1 現金を必要以上にたくさん持ち歩かない

まずは何と言ってもこれです。
というか、ほぼこれが全てです。
 
現金を必要以上にたくさん持ち歩かないことです。
盗られる物がなければ一安心。
 
現金がなければどうやって旅行を楽しむのかって?
クレジットカードがあるじゃないですか!
 
※アメリカ社会の基本はクレジットカード
アメリカでのお金のやり取りは、基本的にクレジットカードで行われています。
ですから日本であまりクレジットカードを使っていない方でも臆せず、お会計はクレジットカードで行うようにするのをお勧めします。
 
それはたとえコンビニでお水を一本購入した時であっても、です。
 
スリなどをはたらく賊はどこで目を光らせているかわかりません。
しかし、少額の買い物でもクレジットカードで清算している人は現金を持ち歩かない人に見えるため、スリにあう確率が低くなるそうです。
 
もちろんクレジットカードを盗まれるリスクはありますが、カード会社に連絡すればすぐにストップできますよね。
 
また万が一連絡が遅れてしまいその間にカードが使われたとしても、カード会社に事情を話すことで返金対応を受けられます。
(条件などはご利用のカード会社に確認してください。)
 
※カードのサインについて
普段はカードを使い慣れていない人でも、旅行の際は必ず使うようにしましょう。
ただ、裏のサインは必ず先にしておいてくださいね。
 
サインの無いカードを使ったばかりにトラブルになった事がありますので・・・。
 
ちなみにサインは僕ら日本人は「漢字」で書いている方が良いらしいです。
サインというと何となく「ミミズが這ったような(失礼)」暗号のような文字を書いたり、ローマ字で書きたくなるもの。
 
しかし、「真似されにくい」という点を考えれば、普段通り漢字で書く方が圧倒的に真似されにくいでしょうね。
特に海外の人にとっては漢字はなかなか上手に書けないものです。
 
逆にローマ字やアルファベットで書く方が真似される(コピーされる)ことが多いと聞いたことがあります。
 
あ、すでにカードの裏にサインをしていてそれを変更したいという人は、二乗線で訂正して書き直す・・・ということはしないように気をつけてください!
ちゃんとカード会社に事情を話して、新しいものを再発行してもらうようにしましょう。
(再発行手数料がかかる場合が多いです。)
 
勝手に訂正して書き直してしまうと、不正に取得した人が自分のサインに書き直したと思われて、実際に使うときに大変な目にあうかもしれません。
 
ちなみにハワイ旅行時にオススメのクレジットカードは以下にまとめてありますので、参考にしてみてください!
 
 

2 お会計時に財布を開けっ放しにしない

これ、意外に気が付かない人も多いみたいです。
 
コンビニだろうと飲食店だろうと、お会計の時に財布を開けて金額を告げられるのを待つ人っていますよね。
その間、財布はかなり無防備です。
 
紙幣がたくさん入った財布は厚みですぐわかるそうです。
 
こういうタイミングを賊は見逃さないようです。
先にお話しした現金を必要以上に持ち歩かないというのはここでの防犯にも関係しているんですね。
 
それから会計後に財布をどこに入れたのか、というのも見られてるみたいです。
 
ポケットの中なのか、バッグの中なのか。
バッグの中ならどの部分に入れたのか。
 
見られてますよ〜!
 

3 ブランド物のバッグなどを身に付けない

これも最初の現金を持たない事に近いですが、要するに「外見でいかにもお金を持ってそうな感じを出さない」というのが大事です。
 
別にみすぼらしい格好でいてくださいというわけではないんですが、ブランド物のいかにも高そうなバッグを手に持って、周りも見ずに会話やスマホの操作に夢中にならないようにしましょうねという事です。
 
同じ理由ですが、買い物帰りでたくさんのショップの紙袋などを持っていては、いかにもお金持ちな感じがでてますよね。
 
現金ではなくてカード払いをしていたとしても、その買った物は現金の代わりになったりします。
 
大型のフリマが定期的に開催される場所があるんですが、そこで観光客から掻っ払った物が売られている事もあるそうですので。
 
周りを気にしなさすぎるといけませんよ〜。
 

4 イベント開催時は犯罪率増加

アメリカではイベントの時の盛り上がりは日本以上ですよね。
 
ハロウィンやクリスマス、その他の記念日でイベントが行われる時は、主要な道路を封鎖して本当に人人人人となる時があります。
 
僕もハロウィンの時期やリメンバー・パールハーバーの時に旅行してた事があって、その時はもうすごい人の海でした。
 
ハワイ旅行 気をつける パールハーバー

わかりにくいですが、かなり人でごった返してました。(12月8日)

 
 
 
ハワイ旅行 気をつける エアフォースワン

本物のエアフォース1が目の前に!マグネットを貰いましたw


 
 
現地の人が教えてくれたんですが、こういう時はスリなどの犯罪が増えるそうです。
やはりみんなお祭り状態になってテンション上がってますし、お金は持ってるし、人がいっぱいで身を隠しやすいし、スリとしてもやりやすいんでしょうね。
 
ですからその人は「もし見に行くのであれば、何も持たずに行ってくださいね。」とアドバイスされてましたね。
 
アメリカのイベントって何かしら参加してみたい人も多いでしょうが、十分お気をつけくださいね。
 
 
ハワイ旅行 気をつけること クリスマス

サンタさんもごった返してます。

 

自分がおこなってきた対策

以上を踏まえて、僕自身がおこなってきた対策を紹介します。
 
結論から言うと、僕は「カードケースに入るものしか持たない」というようにしてきました。
 
具体的には、
  • クレジットカードをブランドを分けて2枚(VISAとJCBなど)
  • 車の免許証
  • パスポートのコピー
  • ホテルのカードキー
  • 20ドル紙幣1枚
といった感じです。
 
これと携帯電話だけで歩くのが現地のロコスタイルに見えて良い感じです。
(もちろんクレジットカード会社の連絡先などはコピーやメモに控えておいて、ホテルの金庫など別の場所に保管しておきましょう。)
 
 
ハワイ旅行 気をつけること カード

カードケースなら持ち歩くのにかさばりません。

 
この方法はある本を読んでそこに書かれていたのを実践しているだけなんですが、実際やって見ると想像以上にラクです。
 
現金が20ドル入っているのは、万が一犯罪者と揉め事になって「金を出せ!」となったとき、もし1ドルも持っていなければ、逆上した賊に何をされるかわからないのでその対抗策としてです。
どうやら20ドルというのは賊がギリギリ納得してくれるくらいの額だそうです。
 
まあ急に何か必要になった時、そこが現金しか使えないお店だったとしても、20ドルあれば何かしら買ったりできますよね。
日本では馴染みが薄い単位の通貨ですが、けっこう便利なやつなんです。
 
2000円札は全然流行りませんでしたが・・・。
 
 
 
※できれば日本でもこの感じで行動したいんですが、今はちょっと無理ですね。
クレジットカードが無いので・・・(泣)
※クレジットカードが無い理由は下記の記事に書いています。
長編ですのでご興味とお時間があればどうぞ。 
【独白】僕が一度人生を諦めた理由その1。夢も希望も失った馬鹿な男の話。ー序章ー
【独白】僕が一度人生を諦めた理由その1。夢も希望も失った馬鹿な男の話。ー序章ー
こんにちは。ひかるです。   今日はつらい記憶と経験の話を書きます。   このブログを始めようと思ったのも実は今回の話がきっかけです...
 
まぁデビッドカードという便利なものもありますので、このあたりはまた別の記事に書いていこうと思います。
 

・ハワイでリュックやバックパックは危険? 

上記はワイキキなど街中を散策する時です。 
車に乗って遠出する場合などは僕もバッグを持ったりします。
その時は基本的にリュックを背負ってますね。
 
ちなみに、ハワイでリュックやバックパックは危険だという意見もありますが、一理あります。
背中側が無防備になるリュックやバックパックは、人でごった返しているところでは「スパッ」とナイフ等で切り開かれて中身を抜かれているとか、ジッパーをいつの間にか開けられているとか、そういうリスクはあります。
 
まあそこまで考えているとどうしようもなくなってしまうのですが・・・
 
いずれにせよ、大事なものは目を離さないようにしましょう。
 
実際にワイキキビーチで遊んでいたカップルが海から上がってきて「あれ?荷物なくなってる!?」「やばい、どこいった!?」「ええ〜!?お金とか鍵も全部ない!」みたいなやり取りをしていたのを目の前で見ました。
海に入るときはお水やタオル以外のものは必要ないはずなので、最悪の場合無くなってもいいものだけを持っていくようにしましょう。
 
ハワイ旅行 気をつけること スリ

こんな素晴らしい場所でも悪い人間はどこかにいるもんです。

・持ち物が多い人の場合

いくら安全のためとは言っても、女の子など持ち物が多い人もいますよね。
そういう人たちはどうしたらいいのでしょうか。
 
基本的には「絶対に必要なもの以外は持ち歩かないようにする」という考え方を守るようしたほうがいいです。
「あれもいる、これも無いと困る」という考え方をするのではなくて、どうすれば荷物を減らせるのか、1日のスケジュールを考えた上で、纏められるものや代用できるものがないかを考えましょう。
 
そういう工夫をしていくうちに、少しずつ身軽になってくるはずなので!
 
これ以上減らせないというところまできたら、できるだけ体に密着するようなバッグを選んで、それに入れるようにすればいいと思いますよ。
 
それからポケットにしろバッグにしろ、1箇所にパンパンにものを詰め込むのは止めましょうね!
その場所に何かあるよ〜っていうのが見たらすぐにバレてしまいますのでw
 

・人気のないところへ行かない

ワイキキのように普段人がとても多いイメージのある場所でも、少し脇道へ入れば急に人気がなくなることがあります。
 
特に夜は「ホテルまでの近道だから」などの理由で薄暗い脇道を通って行きそうに考えがちですが、そういう道はできる限り避けましょう。
 
また意外なところでいうと、ショッピングセンターのトイレなどもあります。
 
場所によってはあまり人が利用しないトイレもあり、そういうところは少し危険な感じもします。
 
トイレを利用するからにはそれなりに緊急時だと思いますが、こういったことも頭に入れておいてくださいね。
 

押し売りに注意

次はスリなどではなく、堂々とお金を取ろうとしてくる人、つまり押し売りのような行為をしてくる人がいることをお知らせしておきます。
 
僕が知っているのは2パターンです。
 

1 オウムを使ってチップを請求する

最近はあまり見なくなったかもしれませんが、通称「バードマン」と呼ばれる、オウムを連れた人物がいるのをご存知でしょうか。
 
僕は初めて訪れた際、インターナショナルマーケットプレイスというワイキキ中心部にある市場のような場所の中でお昼に遭遇しました。
インターナショナルマーケットプレイスは、最近フルリニューアルされた場所ですね。
 
 
少し前には普通にワイキキのカラカウア通りを歩いているという情報を得ました。
今はどうなんでしょうか。
 
このバードマンですが、自分の連れているオウムを観光客の肩や腕などに乗せてきます。
にこやかに近づいてきて英語で話しかけてきますから、英語のわからない日本人などは格好の的です。
 
「どうぞどうぞ、一度乗せてみてください。」という感じで近寄ってきて、有無を言わさずオウムを乗せられます。
そして記念写真なんかを撮ったりして、一緒に盛り上がります。
その間わずか数分。
 
そしてチップを請求します。
それも20ドルとか、結構な金額です。
 
払わない、または少額の支払いをすると途端に怒りだします。
さっきまでのにこやかな雰囲気はどこへいったの?という感じ。
 
英語で何かキレている外人の雰囲気にビビってチップを支払ってしまう・・・
そんなふうにして被害者は増えていくそうです。
 
もちろんオウムを連れた外国人と触れ合えたということに価値を感じて、20ドルやそれ以上の金額を支払うのに抵抗がなければ良いのです。
しかし基本的には頼んでもいないのに突然街中で話しかけられオウムを乗せられた挙句、お金を請求されることに良い気分になることは少ないでしょう。
 
僕が遭遇した当時は、そういう人がいると先に情報を得ていたので、遠目に見てその存在に気がついたんで避けて通りました。
 
すでに日本人と思しき中年夫婦が話しかけられている最中でした。
(その後どういう展開になったのかは不明。)
 

2 募金活動としてチップを請求

もう一つのパターンが、募金活動です。
これは実際にやられました。
 
夜7〜8時くらいだったと思うのですが、その頃ワイキキビーチを散歩していました。
近くには大きなホテルがあるので明りはあるのですが、海のギリギリまでくると結構薄暗いんです。
 
そこで10代〜20代前半くらいの若い男性二人組が近づいてきました。
最初にレイ(花の首飾り)をかけてくれ、にこやかに話しをしていました。
大半は英語だったのでよくわからなかったのですが、片言で日本語も話せるようです。
少しの間会話していたら「写真を撮ってあげる」と言われ、言われるがままにお願いしてしまいました。
 
そしたら急に、「ボキン」と片言で言いはじめまして。
ボキン=募金のことだと思うのですが、何に対しても募金なのかと聞いても答えない。
(日本語がわからないフリをしていたのかどうか定かではない。)
 
睨むような視線でまっすぐこちらを見てくる二人組みにやや圧倒され、手持ちの1ドル札を渡そうとしたのですが、「No! More」と・・・。
 
結局20ドルくらいを渡してもさらに「More」と言ってくるので腹が立ってきて、キレ気味にその場を離れたら追ってくることはなかったです。
 
あの二人組みが本当に募金活動を行っているのかどうかわかりませんが、「More,more」と言われてもどうしようもなく、結局は逃げるように去るしか方法がなかったんですよね。
 
ハワイ旅行 気をつけること 募金

写真を撮ってもらった時点では「親切な人」と思っていたのですが・・・

押し売りへの対策は?

上記2例のような押し売りへの対策方法は何があるのでしょうか。
 
英語が流暢に話せればそれでしっかり断るというのも一つの方法でしょう。
もしくは英語は全くできなくても、日本語でいいのですごい剣幕で断れば伝わると思います。
 
またこれは実践したことがないのですが、ある本に載っていた方法を紹介します。
覚えておいて損はなさそうです。
 
その方法は、「そういう手合いに絡まれたら、大声で『HELP!』と叫ぶ」ということだそうです。
他にも、おもむろに携帯電話を取り出して通話するフリをして、「Hey police!Help Me!!」と電話口に向かって言うというものもありました。
 
警察は強いんですね〜。大抵の輩はこれで逃げていくそうです。
 
それで相手がひるんだり逃げていったのであれば、それってまっとうな商売ではないと言うことですよね。
 
相手が全く微動だにしなければどうすんだよって感じですけどw
 
忘れてはいけないといけないのは、相手は何をするかわからないということです。
ものすごい凶悪な人物かもしれません。
下手に戦おうとせず、警察や周囲の人に助けを求めましょう。
 
楽園ハワイに来て怪我して嫌な思い出を作っても仕方ないので!
 

その他に気をつけることは?

これら以外に気をつけることは何があるのでしょうか。
 
現時点で思いつくことは2つ。

1 ホームレスに近寄らないこと

一つ目はホームレスに近寄らないということ。
特に夜。
 
これは別にホームレスが悪人だと言っているわけではありません。
 
彼・彼女らもそれぞれ理由があって家がなく、仕方なく路上生活をしているのですが、観光客の中にはたまに面白がってホームレスの生活している場所に近づこうとする人もいるようです。
 
ホノルル市の行っている計画で、ホームレスの人たちが居てはいけない場所がどんどん拡大しているようです。
つまり僻地へ追いやられているんですね。
今まで居た場所を追いやられて移動を余儀なくされてしまっている彼らも、生きるのに必死なんです。
 
ワイキキを歩いていてもたくさん見かけますし、露骨に嫌な顔をして避けなくてもいいのですが、逆に自分から近づいていく必要もないはず。
 
英会話に抵抗がなくてホームレスの支援をしたい、という考えでないのであれば、好奇の目で見るのではなく、そっとしておきましょう。
 
逆にいつか本気で支援したいと思った時こそ、積極的に話しかけて内情を教えてもらうのは良いかもしれませんね。
 
ところで、この動画に出てくる方はホームレスに自分の持っている靴を譲っています。
サムネイルはちょっとアレですが・・・
(39分あたり) 
 

HawaiiTubeNet様より動画をお借りしました。
 
僕はこの動画の人物が結構好きで見ているのですが、彼は現地に住んでいて英語も話せることと、ホームレスの人たちの支援を少しでもしたいという考えがあるので、今回靴を譲ったそうです。
 
僕もいつかこういった活動ができるようになりたいですね。
というかホームレスに限らず、他者を支援できるようになりたいです。
 

2 あからさまにヤバイ奴には近づかない

これも先の方の別の動画の中で言われていたことなんですが、もう見るからにヤバイ奴がいるそうです。
 
ヤバイというのは薬です。
クスリでキマってる人です。
 
公園の隅の方にいたり、フラフラ、ぼーっと歩いてたりするそうなので、そういう人が居るということを認識しておくだけでも危険は察知できるのではないでしょうか。
 
そういう人たちは観光客にもクスリをすすめてきたりするそうです。
 
楽しいはずの旅行で変な勧誘に引っかかって、その後の人生を無駄にしないように気をつけましょう。

まとめ

今回はハワイ旅行をする際に、押さえておきたい気をつけるポイントをまとめました。
 
この記事では防犯面に限定して書いたつもりですので、法律的なルールなどはまた別の記事にまとめようと思います。
(書きました!この後にリンクを貼っています。)
 
この記事をまとめますと、
  • 安易に「声かけ」している相手についていかない
  • 出歩くときは極力手ぶらで
  • 大金を持ち歩かない
  • クレジットカードの使い方を知っておく
  • ブランドバッグやショッピングバッグをたくさん持ち歩かない
  • 人気のないところへ行かない
  • 押し売りをされたら大声で助けを呼ぶ(警察に電話するフリも有効)
  • ホームレスを冷やかさない
  • クスリをキメてる奴には近づかない
ってな感じですね。
 
まあいろいろと怖いことも書きましたが、基本的には楽しい安全な地域です。
事前にこういうことがあるということさえ知っておけば、恐れることなく遊びにいけますね!
 
ただし冒頭でも書いたように、夜中に一人歩きするのは控えましょう。
男女問わずですよ〜。
 
ルールを知って、どういう部分に気をつける方がいいのかを予習して、楽しい時間を過ごしましょう〜。
 
それではっ!MAHALO〜♪
  
 

スポンサーリンク




よかったら記事のいいね!やシェアをお願いします(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログのフォローはこちらから!

スポンサーリンク